<ANA国際線往復直行便利用>アルザスのかわいすぎる村々とブルゴーニュ・シャンパーニュ10日間(前編)|ツアー添乗員レポート|クリスタルハート添乗員便り|2018年6月2日出発

阪急交通社ゆとりの海外旅行、
クリスタルハートの添乗員のレポートが
届きましたので、ご報告します。

↓↓後編はこちらから ↓↓
https://hankyu-tabiselection.com/?p=8075
 
■2018年6月2日出発
■添乗員/石原 啓江(いしはら ひろえ)
■コース番号:LE136
<ANA国際線往復直行便利用>
アルザスのかわいすぎる村々と
ブルゴーニュ・シャンパーニュ10日間
────────────────────
 

添乗員/石原 啓江
添乗員/石原 啓江

この度は阪急交通社クリスタルハートにご参
加いただきまして、まことにありがとうござ
いました。

羽田空港でお会いしてから常に皆さまの笑顔
に支えられ10日間過ごして参りました。

今回のお客様はとてもワインに熱心で、私も
いつも以上に皆さまとの会話を楽しむことが
できました。

シャンパーニュ地方で召し上がっていただい
たコトー・シャンプノワと言う赤ワインは、
日本ではなかなかお目にかかれないワインで
す。


アルザスでは普段飲みのスパークリングワイ
ン、クレマン・ダルザス、ライチの香りのゲ
ヴュルツトラミネル、貴腐ワインのセレク
ション グラン ノーブレ、ブルゴーニュでは
世界中の生産者がお手本にしているピノノ
ワールやシャルドネ。

地域ごとに香り味わいも違い、その土地その
土地にあったブドウが栽培され、旅を通して
改めてワインの奥深さを感じた10日間でした。

────────────────────
 

1日目:6月2日/晴れ/22℃

この度はご縁がありまして10日間ご一緒させ
て頂きます、添乗員の石原啓江です。

どうぞよろしくお願いします。

今回はお客様19名様!
初夏の東フランスを旅します!


ご出発は羽田空港から。
全日空でフランスの首都、パリへ。

12時間弱の空の旅、お疲れ様でした。

空港からランスまでは約130キロ。

途中多少の渋滞もありましたが、車窓からの
景色を楽しみながら移動。

北緯49度のシャンパーニュ地方はブドウ栽培
の北の限界で冷涼な地域です。

ただ、日はながく、21時を過ぎてもまだ明る
い!
これから遊びに行く雰囲気です。

今日はジャンヌダルク祭りの初日。

大聖堂の周りには屋台も並び、とても賑やか
でした。

明日は、朝からモエシャンドンの見学です。

テイスティング付きのツアーです!
どうぞお楽しみに!


これからシャンパーニュ地方に入ります。
これからシャンパーニュ地方に入ります。

大聖堂のライトアップ
大聖堂のライトアップ

────────────────────
 

2日目:6月3日/晴れ/26℃

シャンパーニュ地方にはたくさんのメゾンと
呼ばれるシャンパンの蔵元がありますが、世
界的にも有名な、モエシャンドン社を訪れま
した。

地下の熟成カーブを見学してシャンパンがい
かに手間暇かけて造られているかを学び、
そのあとはお待ちかねの試飲!

シャンパンは、日本食、特にお寿司や天ぷら
最近は餃子にもよく合うと言われているそう
です。

見学の後はお天気も良いので、運転手さんが
特級畑まで連れて行ってくれました。

ブドウ畑は日当たりの良いところにあるので、
暑かったです。

シャンパーニュの父と呼ばれるドンペリニヨ
ンのお墓も見学してランスの町へ。

お昼にはとてもレアなシャンパーニュの炭酸
なしワイン、コトーシャンプノワをご紹介し
ました。

午後はフジタ礼拝堂へ。

たった3ヶ月で仕上げた礼拝堂、そこにはご
自身と君代夫人が眠っています。

おまけでサンレミバシリカへ。
ランスの世界遺産の1つです。

そして、明日はアルザス地方へ向かいます!

モエシャンドン、グランクリュ畑
モエシャンドン、グランクリュ畑

ドンペリニヨンのお墓
ドンペリニヨンのお墓

────────────────────
 

3日目:6月4日/曇りのち晴れ/25℃

今朝はランス大聖堂から。

ゴシック建築の聖堂は美しいステンドグラス
で有名です。

この地方ならではのブドウ栽培からワイン造
りのステンドグラスもありました。

戦争で破壊されましたが、人々の努力と希望
で元の姿に戻しました。

そしてロレーヌ地方の中心、ナンシーへ。

エミールガレや、ドーム兄弟が推進したアー
ル・ヌーヴォーが世界を風靡し、この街の名
を不滅にしました。

世界遺産でもあるスタニスラス広場はとても
美しく、ただ日陰がないので今日は暑かったー。

ランチは名物のキッシュロレーヌ。
白ワインと相性抜群です。

今日はアルザス品種のピノグリと合わせまし
た。

夕方にはアルザス地方のストラスブールに到
着。

夕食は名物のフォアグラ。
合わせたワインは、アルザス品種のゲヴュル
ツトラミネルでした。

スパイシーなと言う名前のワインですが、甘
やかなフルーツの香りが特徴のワインです。

カレーや中華料理によく合うワインと言われ
ています。

ランス大聖堂 ステンドグラス バラ窓
ランス大聖堂 ステンドグラス バラ窓

スタニスラス広場
スタニスラス広場

────────────────────
 

4日目:6月5日/晴れ/30℃

今朝はお天気も良く暑い中のストラスブール
観光
です。

大聖堂は赤色砂岩を使った上に上に伸びるゴ
シック建築です。

ボージュ山脈の岩を切り取り運び、建てられ
ました。

仕掛け時計もありましたね。

その後、運河に囲まれたこの街をクルーズで
一周しました。

有名な観光名所、プティットフランスも絵葉
書のように素敵なところ。

美しい木組みの家と運河の雰囲気がどちらか
と言うとドイツのようでした。

アルザス地方はドイツとの国境に近く昔から
ドイツ領になったりフランス領になったり。

そのためフランスでも独特の文化が生まれま
した。ランチは名物料理のベッコフ。

この辺りの特産白ワインに野菜やお肉を一晩
浸けて、翌日教会でお祈りしている間、パン
屋さんのかまどの隅で温めてもらうお料理で
す。

白ワインのリースリングを合わせました。

でも今日は暑かったので地ビールやクレマン
ダルザスを飲まれた方も!!


午後はフリータイム。

暑い1日でしたね!

ストラスブール大聖堂
ストラスブール大聖堂

木組みの建物
木組みの建物

────────────────────
 

5日目:6月6日/晴れ/28℃

今日はストラスブールよりアルザスワイン街
のドライブです。

アルザス地方はヴォージュ山脈のおかげで、
大陸からの冷たい風が遮られ、雨も年間
500ミリ程度。

ぶどう栽培にはとても恵まれた環境です。

ここで生産されるのは主に白ワインがほとん
どで、リースリング、ゲヴュルツトラミネル、
ピノグリ、などお食事に合わせてワイン選び
が楽しめます。

リクヴィル村では散策を楽しみ、ゲゼルス
ベール
では名物タルトフランベをお腹いっぱ
い食べました。

その後、階段を登り丘の中腹にある城跡へ。

辺り一面ブドウ畑!!
素晴らしい景色でした。


アルザスワイン街道最後の町は、コルマール

戦争の被害を全く受けていない奇跡の街は、
あのジブリの「ハウルの動く城」のモデルの
街です。

アルザスの秘宝と呼ばれるイーゼンハイムの
祭壇画
もご覧いただきました。

夕方、日本でもニュースになるほどの大雨が
降り私たちのホテルも停電。

大変ご迷惑をかけしました。

アルザスワイン
アルザスワイン

ゲゼルスベール城からのブドウ畑
ゲゼルスベール城からのブドウ畑

────────────────────
 

↓↓後編はこちらから ↓↓
https://hankyu-tabiselection.com/?p=8075

────────────────────
 

お身体にやさしいゆとりの旅
阪急交通社「クリスタルハート」
http://www.hankyu-travel.com/crystal/tyo-i/
お客様満足度 91.2%(2017年度下半期)

今回ご紹介したコースの日程など
詳しい情報はこちらから↓↓
http://www.hankyu-travel.com/tour/search_i.php?p_course_id=LE136&p_hei=10
────────────────────
 

三大特典付き!毎日届く!
読むだけで旅行が10倍楽しくなる!
メールマガジンにご登録ください!!
 

今すぐ登録して特典を受け取る!

メールマガジンの登録はこちらから

■特典─────────────────
1:海外旅行の知恵袋!
ベテラン添乗員2名のトークショー動画
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2:ベテラン添乗員72人に聞いた!
旅の本音アンケート大公開
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3:(非売品)元イタリア駐在員が語る!
パッケージツアーの見方が変わる小冊子
────────────────────

※当レポートは現在募集中のツアーと内容が異なる場合がございます。

関連記事

旅はもっと、おもしろい。

阪急交通社クリスタルハート

ありふれたツアーでは物足りない。思い出に残る旅がしたい。東京発クリスタルハート海外旅行は、そんなお客様の声にお応えいたします。イタリアやスペインなどヨーロッパから、アジア、南米まで豊富なツアーをご用意しております。

ご満足いただけるためのお約束 ※阪急交通社サイトへ遷移します。
ツアーに関するお問い合わせ・ご相談は
03-6745-1818
― 受付時間 ―
   月曜〜金曜 9:30〜17:30
土曜・日曜・祝日 9:30〜13:30