アルザス・ロレーヌのかわいすぎる村々とブルゴーニュ・シャンパーニュ8日間(前編)|ツアー添乗員レポート|クリスタルハート添乗員便り|2017年9月19日出発

阪急交通社ゆとりの海外旅行、
クリスタルハートの添乗員のレポートが
届きましたので、ご報告します。
↓↓後編はこちらから ↓↓
https://hankyu-tabiselection.com/?p=5277
 
■2017年9月19日出発
■添乗員/金光 早苗(かねみつ さなえ)
■コース番号:LE136
アルザス・ロレーヌのかわいすぎる村々と
ブルゴーニュ・シャンパーニュ8日間
────────────────────
 

添乗員/金光 早苗
添乗員/金光 早苗

季節の変わり目のフランス。
急に寒くなったり温かさが戻ったり。
この時期のフランスは寒さ対策も必要です。

今回の旅はツアーではあまり訪れることのな
い、フランスの小さな街やワイン好きにはた
まらないワイナリーでのテイスティングラン
チなど、普段とはちょっと違うフランスの旅
でした。


ドイツとの国境に近いアルザス地方は、ドイ
ツ・フランスと統治国家が何度も変わり、そ
れ故に街並み・食・言語色々な部分でふたつ
の国の影響がみられる地域です。

「母国語を守り続けることができたなら民族
の精神は奪われない」と生徒に諭し「フラン
ス万歳」と黒板に書いた場面が印象的な小説
「最後の授業」。

しかし当時フランス語は1外国語で、主に話さ
れていたのはアルザス語。

第2次世界大戦後、アルザス地方はフランス領
となり、フランス語教育が強化。

現在ではアルザス語が話せる若者は少ないと
知り複雑な気持ちになりました。

────────────────────
 

1日目:9月19日/晴れ

★成田空港→パリ シャルルドゴール空港
→ランス
(カンパニールサントルカテドラル泊)

日本航空にてシャルルドゴール空港へ。

成田空港に向かう道が事故渋滞!
ヒヤヒヤしましたが、無事揃って飛行機に乗
れて本当によかったです。

予定よりも1時間早く空港に到着。

暗くなる前にランスのホテルに到着すること
ができました。

日本人とは体感気温が違う欧米人。

私達の寒いとは基準が違うようで、ホテルに
はまだメインの暖房が入っておりませんでし
た。

ランス大聖堂
ランス大聖堂

微笑みの天使
微笑みの天使

────────────────────
 

2日目:9月20日/晴れ/17~26℃

★ランス→エペルネ→ランス(連泊)

シャンパーニュ地方にあるフランス3大大聖
の1つがあるランスは、歴代25人のフラン
ス国王の戴冠式が行われた街としても知られ
ています。

ガイドのアキコさんの案内でランス大聖堂
へ。

入口の微笑みの天使や、内部のシャガールの
ステンドグラスや身廊をご覧頂きトー宮殿へ。

昼食後は、シャンパンの聖地エルペネにて
ドン・ペリニョンで有名なモエ・エ・シャン
ドンを訪れました。

英語ガイドになる事が多いのですが、今回は
ラッキーな事に日本語での案内。

カーブの中は12℃と涼しく上着が必要でした。

フランスで最も有名な日本人のひとり、画家
藤田嗣治が眠っているフジタ礼拝堂へ。

藤田氏は1920年代シャガールやモディリアニ
と共に活躍したエコール・ド・パリの代表的
な画家のひとり。

彼の洗礼名レオナールは、レオナルド・ダ・
ヴィンチにちなんだものだとか。

晩年ランスに感謝を示したいとこの礼拝堂の
建設に携わり、80歳という高齢で約3か月か
け内部のフレスコ画を書き上げました。


彼の情熱が感じられる力強い絵です。

モエ・エ・シャンドン
モエ・エ・シャンドン

フジタ礼拝堂
フジタ礼拝堂

────────────────────
 

3日目:9月21日/晴れ/26℃

★ランス→トロワ→オーセール→ヴェズレー
→スミュール・アン・オーソワ→ボーヌ
(ルセップ泊)

ランスとお別れして、かつてシャンパーニュ
地方の首都だったトロワへ。

シャンパンのコルク栓の形をしたこの街は、
フランドル地方とイタリアを結ぶ交通の要所
として栄えました。

猫が屋根から屋根へと伝っていけるほど密集
している「リュエル・デ・シャ(猫の道)」
を通ってトロワ最古の教会サント・マド
レーヌ教会
へ。

レースのように繊細なジュベと呼ばれる石の
たステンドグラスが美しかったですね。

オーセールへの道が工事中で迂回ルートで
レストランへ。

ミシュランの星付きレストランに選ばれた
日本人シェフの店「アスペリュール」、
とっても美味しかったですね。

「明日からの食事のハードルが高くなるね・・」
と皆様。


午後は、ヴェズレー聖マドレーヌ大聖堂
アルマンソン川渓谷の崖上にある小さな城塞
都市スミュール・アン・オーソワ
へ。

55種類のワインがあるLoiseauDesVignes
で、ゆ~っくりと美味しい食事とワインを楽
しみました。

お店側としては可能な限り早くお食事を出し
てくださったようですが・・・

トロワの街並み
トロワの街並み

アスペリュール 木村シェフの料理
アスペリュール 木村シェフの料理

────────────────────
 

4日目:9月22日/晴れ/24℃

★ボーヌ→ディジョン
(グランドホテルラクロッシュ泊)

外装も内装もとても可愛らしいホテル
ルセップ。

このホテルにあるジムは塔の上にあり、
ジムに行くだけで良い運動に。

クオリティの高さから有名シェフも愛用して
いるフォロー社のマスタード博物館で、
ディジョンマスタードの製造工程を見学。

案内して下さったガイドさんが味見に下
さったマスタードシード(カラシナの種)、
小粒ですがピリリと辛く、仲の悪い隣人が
いたら相手の庭に種を撒いておくと花の垣根
になってよいですよとのアイデアを頂きまし
た。

その後、貧しい人々の救済の為にフィリップ
善良公の宰相ニコラ・ロランが建てた施療院
オテル・デュー
(神の宿)へ。

入院の条件は、貧者であることただ一つ。

そこから生産されるワインでまかなわれてい
たそうです。

ソムリエの資格を持つ花田さんの案内でワイ
ナリー ComteSenard へ。

6種類のワインを飲み比べながらのテイス
ティングランチはいかがでしたでしょうか?

オーナーが不在で愛情不足な猫ちゃんのお陰
で、私はたっぷり遊んでもらえ満足満足なワ
イナリー見学でした。

オテル・デユー(ボーヌ)
オテル・デユー(ボーヌ)

ロマネコンティ畑
ロマネコンティ畑

────────────────────
 

↓↓後編はこちらから ↓↓
https://hankyu-tabiselection.com/?p=5277

────────────────────
 

お身体にやさしいゆとりの旅
阪急交通社「クリスタルハート」
http://www.hankyu-travel.com/crystal/tyo-i/
お客様満足度 92.8%(2016年度上半期)

今回ご紹介したコースの日程など
詳しい情報はこちらから↓↓
http://www.hankyu-travel.com/crystal/tyo-i/tour/LE136/
────────────────────
 

三大特典付き!毎日届く!
読むだけで旅行が10倍楽しくなる!
メールマガジンにご登録ください!!
 

今すぐ登録して特典を受け取る!

メールマガジンの登録はこちらから

■特典─────────────────
1:海外旅行の知恵袋!
ベテラン添乗員2名のトークショー動画
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2:ベテラン添乗員72人に聞いた!
旅の本音アンケート大公開
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3:(非売品)元イタリア駐在員が語る!
パッケージツアーの見方が変わる小冊子
────────────────────

※当レポートは現在募集中のツアーと内容が異なる場合がございます。

関連記事

旅はもっと、おもしろい。

阪急交通社クリスタルハート

ありふれたツアーでは物足りない。思い出に残る旅がしたい。東京発クリスタルハート海外旅行は、そんなお客様の声にお応えいたします。イタリアやスペインなどヨーロッパから、アジア、南米まで豊富なツアーをご用意しております。

ご満足いただけるためのお約束 ※阪急交通社サイトへ遷移します。
ツアーに関するお問い合わせ・ご相談は
03-6745-1818
― 受付時間 ―
   月曜〜金曜 9:30〜17:30
土曜・日曜・祝日 9:30〜13:30