<エミレーツ航空利用>時を紡ぐ北スペインとポルトガル10日間(前編)|ツアー添乗員レポート|クリスタルハート添乗員便り|2018年10月22日出発

阪急交通社ゆとりの海外旅行、
クリスタルハートの添乗員のレポートが
届きましたので、ご報告します。

↓↓後編はこちらから ↓↓
https://hankyu-tabiselection.com/?p=10322
 
■2018年10月22日出発
■添乗員/藤井 博志(ふじい ひろし)
■コース番号:LE106
<エミレーツ航空利用>
時を紡ぐ北スペインとポルトガル10日間
────────────────────
 

添乗員/藤井 博志

10月22日(月)出発・クリスタルハート「時
を紡ぐ北スペインとポルトガル10日間の旅
(ヴィアナ・ド・カステロ宿泊)」に10名様
のお客様がご参加くださいました。

連日の晴天で、帰国前日の8日目までまったく
雨に振られず、とてもお天気に恵まれた10日
間でした。

また幸運にもスペインサンティアゴ・デ・
コンポステーラ
では大聖堂の名物「ボタフメ
イロ
(振り香炉)」を偶然にも拝観すること
が出来ました。

ゆったりとした行程の中で和気あいあいと少
人数ならでは和んだ雰囲気の中、思い出深い
楽しい10日間の旅となりました。

同じラテン系民族でもカラ-が違うスペイン
ポルトガル

両国を訪れた10日間の旅をふり返ってみたい
と思います。

────────────────────
 

1日目:10月22日/成田・晴れ/21℃

さあ本日から北スペインポルトガルの旅が
始まります!

深夜便でまず成田空港を飛び立ちます。

今回のツアーではエミレーツ航空を利用しま
す。

中東にあるアラブ首長国連邦・ドバイ経由の
南航路のため、目的地ポルトガルの首都リス
ボンまではトータル20時間と少々長めのフラ
イトとなりますが、皆さま全員がビジネスク
ラス利用で成田~ドバイ間は特に最新機材エ
アバス380(2階式機材)の快適空間でのフラ
イトにてドバイへ向かいます。

成田~ドバイ間は約11時間のフライトではあ
りますが、深夜便でもあるためフルフラット
シートで充分に機内で睡眠を得ることが出来
るのもエミレーツ航空の魅力でもあります。

添乗員も「ビジネスクラスがいいなぁ~」と
ひとりエコノミークラスで思いふけておりま
した。(笑)

いよいよ出発です!成田空港出発ゲートにて
いよいよ出発です!成田空港出発ゲートにて

ポルトガルにいた可愛い女の子(笑)
ポルトガルにいた可愛い女の子(笑)

────────────────────
 

2日目:10月23日/晴れ/24℃

行程2日目は長い一日となります。

日付が変わった10月23日早朝4時にドバイへ到
着した私たち一行は約3時間後に経由地ドバイ
を飛び立ち、さらに約8時間のフライトでポル
トガル
の首都リスボンに到着いたしました。

リスボンでは現地日本語ガイドの横木さんが
お迎えに来てくださいました。

横木さんは7日目と8日目のリスボンシント
ラ観光
の際にもお世話になる予定です。

そして本日はさらにさらに列車にて古都ポル
へ向かいます。

ポルト行きの列車の出発時間まで少々時間が
空いているので横木さんがリスボンの街(
ドワルド公園
アルファマ地区)を少々案内
してくださいました。

そして列車の移動は約3時間。

ようやく最初の宿泊地ポルト「ベッサボアビ
スタ」ホテルに到着となりました。

長い一日皆さま本当にお疲れ様でした。

リスボンの街並み
リスボンの街並み

リスボン・サントアボローニャ駅
リスボン・サントアボローニャ駅

────────────────────
 

3日目:10月24日/晴れ/11〜27℃

昨夜は皆さま長いフライトと列車の移動でお
疲れのようではありましたが、楽しくホテル
にてポルトガル初夜の夕食となりました。

思いかけずホテルのサービスでワインやビー
ルが飲み放題だったせいでもありますが…
(笑)。

そして本日の行程3日目から本格的にポルトガ
の観光がスタートいたします。

本日は終日ポルト滞在で午前中は古都ポルト
観光
ポートワイン工場の見学、昼食後には
自由行動という行程です。

ポルト観光は英語ガイドのMRジョージさんと
世界で最も美しい本屋さん「レロ兄弟の書
」から始まり、装飾タイルのアズレージョ
が素晴らしい「サンベント駅」や金泥細工の
内陣が鮮やかな「サンフランシスコ教会」な
どを巡りました。

ポートワイン工場では珍しいらしいことに日
本語を流暢に話すポルトガル人スタッフが工
場内を案内してくださいました。

午後からの自由行動では皆さん一緒にリバー
クルーズなど楽しみ充実した一日となりまし
た。

ポルト・ポートワイン工場
ポルト・ポートワイン工場

ポルトの旧市街(ドウロ河クルーズより)
ポルトの旧市街(ドウロ河クルーズより)

────────────────────
 

4日目:10月25日/晴れ/13〜21℃

4日目の朝も昨日につづき晴天で爽やかな朝を
迎えました。

本日は一度ポルトガルを離れ、聖ヤコブと巡
礼の聖地スペインにあるサンティアゴ・デ・
コンポステーラ
に向かいます。

朝9時にホテルを出発した我々一行は初代ポル
トガル国王が生まれた町「ギマランイス」に
立ち寄りました。

その後スペインに入りスペインの漁港として
は最大の港町ヴィーゴにて新鮮な魚介類(い
かフライ・小イワシ・赤貝・ムール貝など)
をお召し上がりいただきました。
(美味しかったな‼)

ランチ後はさらにバスを走らせ夕方16時過ぎ
サンティアゴ・デ・コンポステーラの街に
入りましたが、本来明日観光予定の「歓喜の
(ゴゾの丘)」に立ち寄ってから憧れのパ
ラドールホテル「レイエスカトリコス」に到
着となりました。

ギマランイスの聖パソス教会
ギマランイスの聖パソス教会

歓喜の丘(サンティアゴ・デ・コンポステーラ)
歓喜の丘(サンティアゴ・デ・コンポステーラ)

────────────────────
 

5日目:10月26日/晴れ/10〜21℃

昨夜はパラドールホテルにて優雅なディナー
タイムをお楽しみにいただきました。

そして本日行程5日目は聖ヤコブの聖地であり
フランス国境のピレネー山脈から約800キロの
巡礼地サンティアゴ・デ・コンポステーラ大
聖堂
の観光です。

現地ガイドは英語ガイドのMSルフィアさんで
す。

ルフィアさんと共に大聖堂内へと入ります。

クリスタルハートのツアーでは大聖堂内にあ
る宝物館にも入場しますが、ここのハイライ
トが大型の振り香炉「ボタフメイロ」です。

ボタフメイロの本来の意味(役割)はお風呂
に入れず汗まみれの巡礼者たちの体臭を和ら
げるところから始まっているようですが、ギ
リシャなどの東方正教を除くカトリックなど
の宗派ではスペインのここにあるサンティア
ゴ・デ・コンポステーラ
の大聖堂以外では見
ることがほとんどできない習慣となっている
ようです。

そして私たちは偶然にもこのボタフメイロを
拝観することが出来たのです。

すごい‼


サンティアゴ・デ・コンポステーラ大聖堂
サンティアゴ・デ・コンポステーラ大聖堂

サンティアゴ・デ・コンポステーラの旧市街
サンティアゴ・デ・コンポステーラの旧市街

────────────────────
 

↓↓後編はこちらから ↓↓
https://hankyu-tabiselection.com/?p=10322

────────────────────
 

お身体にやさしいゆとりの旅
阪急交通社「クリスタルハート」
http://www.hankyu-travel.com/crystal/tyo-i/
お客様満足度 91.2%(2017年度下半期)

今回ご紹介したコースの日程など
詳しい情報はこちらから↓↓
http://www.hankyu-travel.com/tour/search_i.php?p_course_id=LE106&p_hei=10
────────────────────
 

三大特典付き!毎日届く!
読むだけで旅行が10倍楽しくなる!
メールマガジンにご登録ください!!
 

今すぐ登録して特典を受け取る!

メールマガジンの登録はこちらから

■特典─────────────────
1:海外旅行の知恵袋!
ベテラン添乗員2名のトークショー動画
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2:ベテラン添乗員72人に聞いた!
旅の本音アンケート大公開
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3:(非売品)元イタリア駐在員が語る!
パッケージツアーの見方が変わる小冊子
────────────────────

※当レポートは現在募集中のツアーと内容が異なる場合がございます。

関連記事

旅はもっと、おもしろい。

阪急交通社クリスタルハート

ありふれたツアーでは物足りない。思い出に残る旅がしたい。東京発クリスタルハート海外旅行は、そんなお客様の声にお応えいたします。イタリアやスペインなどヨーロッパから、アジア、南米まで豊富なツアーをご用意しております。

ご満足いただけるためのお約束 ※阪急交通社サイトへ遷移します。
ツアーに関するお問い合わせ・ご相談は
03-6745-1818
― 受付時間 ―
   月曜〜金曜 9:30〜17:30
土曜・日曜・祝日 9:30〜13:30