時を紡ぐ北スペインとポルトガル10日間(前編)|ツアー添乗員レポート|クリスタルハート添乗員便り|2018年7月16日出発

阪急交通社ゆとりの海外旅行、
クリスタルハートの添乗員のレポートが
届きましたので、ご報告します。

↓↓後編はこちらから ↓↓
https://hankyu-tabiselection.com/?p=8502
 
■2018年7月16日出発
■添乗員/川原 匡人(かわはら くにひと)
■コース番号:LE106
時を紡ぐ北スペインとポルトガル10日間
────────────────────
 

添乗員/川原 匡人
添乗員/川原 匡人

今回同行させて頂きます、添乗員の川原匡人
と申します。

もともと10台の頃より旅行が好きでまとまっ
た休みがあればバックパックを背負い、格安
チケットで海外に飛び、ローカルなバスや列
車で移動し、地元の人と同じ目線の旅を続け
ていました。

旅も好きですが、人に構う事もすきです。

思うところあり数年前に別業界から転職し
て、この世界に飛び込みました。

今では天職にたどり着けたと自負しておりま
す。

よく専門はどちらですか?と聞かれますが今
回のヨーロッパもアジアも南北アメリカも言
われればどこへでも行く、雑食添乗員でござ
います。

この旅が皆様にとってより良い思い出となる
よう頑張らせて頂きますのでどうぞ宜しくお
願い致します。

────────────────────
 

1日目:7月16日/曇り/35℃

成田空港第二ターミナル北団体カウンターに
て集合、今回は19名様のツアー。

受付開始は19:30スタートでしたが、添乗員が
到着した18:30にはすでに何名かのお客様は到
着されておりました。

東京近郊のお客様に加え九州からの御参加の
お客様がおられました。

66番ゲートよりエアバス社の超大型機A380に
て10時間かけてUAEのドバイ空港へ到着。

時差はマイナス5時間。

4時間ほどの乗り換え時間では、免税店での
ショッピング、レストランでのお食事やラウ
ンジなどでお過ごし頂きました。

────────────────────
 

2日目:7月17日/晴れ/26℃

航空機は一回り小さくなってボーイング社の
777型機。

ドバイからおよそ8時間かけてポルトガルの首
リスボンに到着。

税関を出たところでアシスタントのディオゴ
さんがお出迎え。

ドライバーはネクタイがオシャレなアル
トゥールさん。

ポルトへの列車まで時間があるので、エド
ワード7世広場
、旧市街のアルファマ地区を観
光。

その後、当初予定していたオリエント駅では
なく、始発駅であるリスボンアポロニア駅
へ。

車内は少々揺れました。

予定より15分ほど遅れてポルトカンパーニャ
駅に到着。

このツアー最初のホテルは近くにサッカース
タジアムがあったベッサホテルボアビスタ。

夕食はホテル地下のレストランでビッフェ。
チキンのチーズはさみ揚げが好評でした。

夕食後はそれぞれお部屋でお休み頂きまし
た。

イメージ

ポルト駅
ポルト駅

────────────────────
 

3日目:7月18日/晴れ/26℃

ロビーにて英語ガイドのフーゴさんと合流。

ポルト最初の観光はレロイイルマオン書店

さながらハリーポッターの世界から出て来た
ようでした。


それもそのはず、著者のジョアンローリング
はポルトに住んでいた事があり、その際この
書店に足繁く通っていたそうです。

サンベント駅ではポルトガルの歴史を2万枚の
アズレージョで表現してました。

その後、ポルタ宮を下車観光。

金泥細工が見事なサンフランシスコ教会に入
場観光。

ガイヤ地区ポートワイナリーでは日本語ス
タッフのロドリゴさんの案内の元、ポートワ
インやサンデマンの歴史、テイスティング、
ショッピングをお楽しみ頂きました。

スペイン帽はシェリー酒、ポルトガルの学生
のマントはポートワインを表現しています。

バスを降りてエンリケ航海王子の家の前を通
り昼食レストランのPOSTIGO DO CARVAO
へ。

サラダ、シーフードリゾット、ケーキをお召
し上がり頂きました。

2時間強のフリータイムを経て一度ホテルに戻
り休憩。

夕食レストランはELEBE BAIXA、選択
メニューからお好きなものをお召し上がり
頂きました。

レロ イ イルマオン書店内部
レロ イ イルマオン書店内部

サンデマンガイドのロドリゴさん
サンデマンガイドのロドリゴさん

────────────────────
 

4日目:7月19日/曇りのち晴れ/28℃

9時にホテルを出発。

2連泊したポルトのホテルをチェックアウト。

サンティアゴデコンポステーラへ向かう途
中、ポルトガル発祥の地であるギマランイス
を観光。

ギマランイス城、サンミゲル教会、煙突が特
徴的なブラガンサ公爵館、ポルトガル最初の
王アフォンソ1世像、旧市街、オリーブの木が
繁るノッサセニョーラオリベイラ教会と観光
しました。

ミーニョ川を越えてスペインに入る際、時計
の針を1時間戻します。

ランチレストランはスペイン最大の港町、
ヴィーゴのO PORTONでサラダ、イカとイワシ
のフリッター、ムール貝と小さな赤貝の蒸し
物、ケーキをお召し上がり頂きました。

その後、皇太子殿下も来られたゴゾの丘から
サンティアゴデコンポステーラを望みまし
た。

本日の宿、スペイン国営ホテルのパラドール
レイエスカトリコスにチェックイン。

一部のお客様と夜のミサに参加。

残念ながらボタフメイロは行われませんでし
た。

夕食はパラドール内の地下レストランでタコ
のパテ、ホタテのグリル、チキン、クレープ
をお召し上がり頂きました。

ここにポルトガル始まる
ここにポルトガル始まる

歓喜の丘
歓喜の丘

────────────────────
 

5日目:7月20日/曇りのち晴れ/28℃

朝食はフロント二階のレストラン、ビッフェ
台には本ツアー初のスモークサーモンがあり
ました。

また赤白ワインに加えてスペインのスパーク
リングワインカバもありました。

ホテルロビーにて英語ガイドのルイスさんと
合流。

大聖堂、博物館、旧市街、フランコ通りから
アラメダ公園と観光しました。

昼食レストランは A CHARCA、メニューは
エビのサラダ、焼きエビ、タコのガリシア
風、子牛のステーキ、アーモンドケーキ。

フリータイムを挟んで、ホテルに集合ののち
ヴィアナドカストロに出発。

ミーニョ川を越えて再びポルトガルへ入国。

シンメトリーが美しいセントルシア教会を入
場観光。

教会もさることながらリマ川や海岸線の眺め
も素晴らしい。

ポルトガル国営ホテル、ポサーダデヴィアナ
ドカステロ
にチェックイン。

夕食はポサーダ内のレストランでキッシュ、
ローストポーク、アイスクリームをお召し上
がり頂きました。

公園からの大聖堂
公園からの大聖堂

大西洋の夕焼け
大西洋の夕焼け

────────────────────
 

↓↓後編はこちらから ↓↓
https://hankyu-tabiselection.com/?p=8502

────────────────────
 

お身体にやさしいゆとりの旅
阪急交通社「クリスタルハート」
http://www.hankyu-travel.com/crystal/tyo-i/
お客様満足度 91.2%(2017年度下半期)

今回ご紹介したコースの日程など
詳しい情報はこちらから↓↓
http://www.hankyu-travel.com/tour/search_i.php?p_course_id=LE106&p_hei=10
────────────────────
 

三大特典付き!毎日届く!
読むだけで旅行が10倍楽しくなる!
メールマガジンにご登録ください!!
 

今すぐ登録して特典を受け取る!

メールマガジンの登録はこちらから

■特典─────────────────
1:海外旅行の知恵袋!
ベテラン添乗員2名のトークショー動画
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2:ベテラン添乗員72人に聞いた!
旅の本音アンケート大公開
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3:(非売品)元イタリア駐在員が語る!
パッケージツアーの見方が変わる小冊子
────────────────────

※当レポートは現在募集中のツアーと内容が異なる場合がございます。

関連記事

旅はもっと、おもしろい。

阪急交通社クリスタルハート

ありふれたツアーでは物足りない。思い出に残る旅がしたい。東京発クリスタルハート海外旅行は、そんなお客様の声にお応えいたします。イタリアやスペインなどヨーロッパから、アジア、南米まで豊富なツアーをご用意しております。

ご満足いただけるためのお約束 ※阪急交通社サイトへ遷移します。
ツアーに関するお問い合わせ・ご相談は
03-6745-1818
― 受付時間 ―
   月曜〜金曜 9:30〜17:30
土曜・日曜・祝日 9:30〜13:30