時を紡ぐ北スペインとポルトガル9日間(後編)|ツアー添乗員レポート|クリスタルハート添乗員便り|2017年9月27日出発

時を紡ぐ北スペインとポルトガル9日間
のご紹介です。
↓↓前編はこちらから ↓↓
https://hankyu-tabiselection.com/?p=4827
 
■2017年9月27日出発
■添乗員/白石 和見(しらいし かずみ)
■コース番号:LE106
時を紡ぐ北スペインとポルトガル9日間
────────────────────
 

5日目:10月1日/晴/18℃〜28℃

ポサーダのテラスより、朝日が上がる景色を
眺めて頂きました。

朝一番の観光は、ポルトガルのリトルベニス
と呼ばれるアヴェイロです。

タイルの美しい旧駅舎。

アズレイジョは、最初にタイルを焼き、その
上で下絵をつけ組み合わせていきます。

教会、修道院、駅、家の壁など様々な場所で
使われています。

また、今では、お土産にもなっています。

この地の名物は、モナカの皮の原型とも言わ
れる、オヴォシュモウレス。

ただし、中身は、いわゆるカスタードクリーム
系。

食べてみると意外と美味しいわね、との事で、
お土産に購入されていました。

モリセイロと呼ばれる船は時間が無く乗れま
せんでしたが、ベニスのゴンドラに比べると
装飾がきらびやかで、大きかったです。

そして、大学の街、コインブラへ。

丘の頂きには、ポルトガル最古の大学があり
ます。

昔の王宮を大学校舎にし、現在も法学部の教
室や、試験の間として利用されています。

今日は日曜日ですから、名物?の、黒いマン
トの学生服姿の学生さんには出会えませんで
した。

昨日までの気温と変わり、汗ばむ陽気に
なったので、暑さで少しお疲れ気味に。

コインブラの老舗のお菓子屋さんでは、ポル
トガルから伝わった、金平糖をお土産に買わ
れたりしました。

観光後は、大西洋に行きます!
港町、ナザレ

大西洋といえば、西に沈む夕陽ということで、
皆様、夕陽をご覧いただけましたでしょうか。

そして、ナザレといえばイワシ。

炭火焼のイワシを召し上がって頂きました。

また、ポルトガルのスープの優しい味に皆様、
感激されていました。

朝日を浴びたサンタルチア教会
朝日を浴びたサンタルチア教会

アズレイジョタイルの作り方
アズレイジョタイルの作り方

────────────────────
 

6日目:10月2日/快晴/18℃〜30℃

西に位置するポルトガル。
夜が明けるのがまだ遅いです。

段々スカートの民族衣装の方が多いナザレ
街。

高台のシティオからナザレの浜辺を見下ろし
て頂き、青空と白壁のコントラストが大変綺
麗でしたね。

せっかくなので、高台から海側のプライヤ地
に降りましょうとお声をかけさせて頂きま
した。

街の人の足でもあるケーブルカーに乗り、下
まで3分で到着。

ケーブルカー内でも笑いは健康の源と沢山笑
わせて頂きました。

プライヤ地区の浜辺では上から見ただけっは
わからない、シティオ地区の断層にびっくり
しましたね。

まさにブラタモリ?の世界です。

世界の断層シリーズならば取り上げられそう
な断層。

せっかくなのでナザレの浜辺、大西洋を
バックに朝のお元気なうちに今回参加の14名
様と一緒に集合写真を撮らせて頂きました。

皆様の笑顔が眩しいです!

青春時代を思い出して海に向かって砂浜を走
りたい!


と、声がかからないので、ナザレを後にしま
す。

次は、王様が王妃様に贈った可愛らしい村
オビドスです。

今までの穏やかなポルトガルの街とは一変し、
沢山の観光客で賑わっています。

沢山のお土産物屋が皆様の事を門を広げて
待っていました。

アズレージョタイル、缶詰、チョコレート、
石鹸、ふきん、などお土産はありますが、
皆様が初日より日々購入しているのは、コル
ク製品。

カバン、帽子、ポーチ、サンダルなどなど。

日に日に増えたコルク製品のお土産たち、
使用していた時に、是非楽しかったポルト
ガルを思い出して頂いたらと思います。

コルクはポルトガルの重要な産業で、今回訪
れていないリスボンより南のアレンテージョ
地方に沢山あります。

お昼にスープを頂きましたが、皆様にはポル
トガルの優しい味のスープが大好評でしたね。

食後の昼寝の後に訪れたシントラ王宮

ユーラシア大陸の西の果てロカ岬

ここでは、皆様の名前が花文字で記入された
到達証明書も手に入れました。


ナザレのケーブルカー 1889年
ナザレのケーブルカー 1889年

ナザレの断層とご参加の皆様
ナザレの断層とご参加の皆様

────────────────────
 

7日目:10月3日/快晴/18℃〜31℃

本日も10月なのに夏日の予報がでています。

朝一番の観光はテージョ川のほとりにある
ベレン地区

街路樹のジャカランダ、狂い咲の紫の花が
見れました。

リスボンのジャカランダのシーズンは、5月
後半から6月初。

紫の花が咲きまるで桜のようで大変美しい
です。

クルーズのお客様でどこも激混みでした。

9.10.11月はクルーズシーズンとなります。

時期は違いますが、日本の飛鳥も寄港しま
す。

青空とモニュメントのコントラストが大変
綺麗で、何度もシャッターを押したくなる
ような景色でした。


ポルトガルといえばパステル・デ・ナタ。

日本ではエッグタルトとして販売されてい
ます。

今ではポルトガル全土で召し上がっていた
だける、定番のパイにカスタードクリーム
の入ったお菓子です。

が、本家は、このベレン地区にある。

今回は老舗の味をアズレージョタイルの綺麗
なカフェでお茶をしながら楽しんでいただき
ました。

あ、昔の植民地、マカオにもあるそうですよ。

展望台からリスボンの街並みを眺め、名物
ロリア線ケーブルカー
にも乗車頂きました。

昼食は、名物カタプラーニャ。

銅の丸鍋で煮込まれた魚介を皆様美味しいと
パクパク召し上がっで頂きました。

やっぱりこの中にもジャガイモが、、
ポルトガル料理ジャガイモは必ずセット!

食後は、リスボン名物の市電に乗車。

今回体験して頂いたルートは、狭い道をくね
くねと7つの丘のリスボン市内を移動する観
光客に大人気の28番線ルートです。

貸切市電で快適に体験して頂きました。

途中、こんなに車とスレスレの場所を通る?
なんて場所や、3つあるケーブルカーの二つ
目ビカ線も見て頂きました。

そのあとは、ポルトガル観光といえば、アズ
レージョということで、アズレージョ博物館
へ。

アズレージョはアラビア語で光る小石の意味。

その後は、リスボンの中心地ロシオ広場に
行かれた方もいました。

そして、最後の夜は文化遺産でもあるファド
です。

飲んで食べておしゃべりして、聴いてと、
寝る暇ないくらい楽しんで頂きました。

最後はやっぱり違うなーと、男性フアディス
タの声量にうっとり?!しました。

夜もどっぷり更けてますが、まだまだ、
元気なリスボンの街でしたね。

ファドレストランにて〜1
ファドレストランにて〜1

ファドレストランにて〜2
ファドレストランにて〜2

────────────────────
 

8日目:10月4日

快晴のリスボンをあとに、日本に帰るのみと
なりました。

日々、カタコトの日本語が増えていく、イケ
メン?ドライバーのJOSEジョゼさんともお別
れです。

2日目のポルトから、8日目リスボンの空港ま
で、安全運転で皆様と一緒に旅をしてきまし
た。

若いのに慎重な運転で安心できましたね。

日本にも沢山のポルトガル語が南蛮の文化と
共に伝わりました。

ありがとうもその一つだとか、、

空港でありがとうとお別れをし、私達も帰国
の手続きです。

最後のお買い物を楽しんで頂いたあとは、フ
ランクフルトへ。

リスボン空港も新しくなり、様々なお店があ
りました。

もちろん、ポルトガル民芸品もふくめかなり
充実しているのではと思います。

フランクフルト経由で羽田行きの便に搭乗で
す。

ドライバーのジョゼさん
ドライバーのジョゼさん

空港のお土産の一部
空港のお土産の一部

────────────────────
 

9日目:10月5日

フランクフルトからの羽田便の機内では、
何を召し上がりましたか?

ポルトを思い出して、ポートワイン?
日本の味が恋しくて和食?

ルフトハンザ航空のビジネスクラスには、
ポートワインが用意されています。

国ごとの特徴あるスタイルも、またビジネス
クラスの機内ライフを楽しんで頂く秘訣かも
しれませんね。

代表例は和食、もちろん日本便にしかありま
せん笑。

日系、ヨーロッパ系もまた違います。

活字が恋しくて、すぐに新聞や、雑誌を読ま
れたのかもしれませんね。

機内ライフを楽しんで頂きながら羽田空港に
到着です。

ラッピングが可愛い缶詰
ラッピングが可愛い缶詰

コルク製品
コルク製品

────────────────────
 

↓↓前編はこちらから ↓↓
https://hankyu-tabiselection.com/?p=4827

────────────────────
 

お身体にやさしいゆとりの旅
阪急交通社「クリスタルハート」
http://www.hankyu-travel.com/crystal/tyo-i/
お客様満足度 92.8%(2016年度上半期)

今回ご紹介したコースの日程など
詳しい情報はこちらから↓↓
http://www.hankyu-travel.com/crystal/tyo-i/tour/LE106/
────────────────────
 

三大特典付き!毎日届く!
読むだけで旅行が10倍楽しくなる!
メールマガジンにご登録ください!!
 

今すぐ登録して特典を受け取る!

メールマガジンの登録はこちらから

■特典─────────────────
1:海外旅行の知恵袋!
ベテラン添乗員2名のトークショー動画
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2:ベテラン添乗員72人に聞いた!
旅の本音アンケート大公開
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3:(非売品)元イタリア駐在員が語る!
パッケージツアーの見方が変わる小冊子
────────────────────

※当レポートは現在募集中のツアーと内容が異なる場合がございます。

関連記事

旅はもっと、おもしろい。

阪急交通社クリスタルハート

ありふれたツアーでは物足りない。思い出に残る旅がしたい。東京発クリスタルハート海外旅行は、そんなお客様の声にお応えいたします。イタリアやスペインなどヨーロッパから、アジア、南米まで豊富なツアーをご用意しております。

ご満足いただけるためのお約束 ※阪急交通社サイトへ遷移します。
ツアーに関するお問い合わせ・ご相談は
03-6745-1818
― 受付時間 ―
   月曜〜金曜 9:30〜17:30
土曜・日曜・祝日 9:30〜13:30