2017年4月19日出発|時を紡ぐ北スペインとポルトガル9日間(前編)|ツアー添乗員レポート|クリスタルハート添乗員便り

阪急交通社ゆとりの海外旅行、
クリスタルハートの添乗員のレポートが
届きましたので、ご報告します。
↓↓後編はこちらから ↓↓
https://hankyu-tabiselection.com/?p=1941
 
添乗員/大藪 和彦
添乗員/大藪 和彦とお客様
 
■2017年4月19日出発
■添乗員/大藪 和彦
■コース番号:LE106
<羽田発着>
時を紡ぐ北スペインとポルトガル9日間
────────────────────
 

添乗員の大藪 和彦(おおやぶ かずひこ)です。

日本の四分の一の大きさのポルトガルに少し
足を延ばしての北スペインサンチャゴ・
デ・コンポステーラ
なので、バスでの走行
距離は約1185キロ… ということで、
毎日に余裕があるツアーでした。

時期的にも春が訪れる頃、北部や朝晩は
寒かったものの、雨の多いガリシア地方
ともかく、後半になると丁度いい気候で
気持ちのいい、旅行をするのに最適な
季節
ではなかったでしょうか?

そして、お客様は6組のご夫婦と一人参加の
女性の1人、お友達3人の総勢16名様
ということで、いつもテーブルを共にして
家族のように旅を続ける事ができました。

お食事の時も色々な楽しいお話をうかがえ、
勉強になりました。
こういうお客様となら、まだまだツアーを
続けたいな~っと思える方々と
ご一緒できて光栄でした。

────────────────────
 

1日目:4月19日/晴れ/7℃〜18℃

いよいよ今日は待ちに待った北スペインと
ポルトガルのツアー出発の日!
羽田空港12時05分集合です!
ルフトハンザドイツ航空でフランクフルト
経由して、ポルトガル第二の都市、
ポルトへと飛んで参ります。

初めの飛行機はボーイング747、
日本ではもう飛んでいない機種となります。
JALはジャンボと呼んでいましたね・・。

また、乗り継ぎもスムーズで待つことなく
能率がよいフライトでポルトへと飛んで参ります。
イべりア半島最西端の大西洋に臨む国
ポルトガルは、ヨーロッパの中で日本から
一番遠い国という事になります。

到着時は嵐のようで、飛行機が着陸やり直し
をして時間がかかったので、ホテル到着は
24:05となってしまいました。

ドゥロ川とポルト旧市街
ドゥロ川とポルト旧市街

ボーイング747
ボーイング747

────────────────────
 

2日目:4月20日/晴れ時々曇り/14℃〜27℃

ポルトの町の発祥は青銅器時代の後期、
紀元前8世紀頃…
当初から地中海と結ぶ重要な港町であり、
ローマ軍が進駐すると首都ブルガローマ
を結ぶ拠点になりました。

その時代この町は“カレ”と呼ばれ、
カレ”の港“ポルトゥカレ”がこの国の名前、
ポルトガル”になったということです。

日本の長崎市と姉妹都市関係を結んでおります!
旧市街のシンボル、グレゴリウスの塔から
リブレリア・レロ・イ・イルマオン
(1869年にレロ兄弟によって創業され、
1906年にこの地に移されたという美しい書店)
見学…

ポルトにはハリー・ポッターを書いた
JKローリングも何度も来ていたという所、
この世界一美しい書店と共に、世界の美しい駅・・
といえば必ず名前が挙がるサン・ベント駅
があります。

観光の途中には創業1790年、今年で227年目
のポルトワイン醸造所“サンデマン”へ…
黒いマント姿とソンブレロという帽子姿の
ラベルで有名です。

ご昼食後はドゥロ川クルーズを楽しんだり、
1886年にエッフェル一門のベルギー人技師が
作ったドン・ルイス橋を歩いたりしました。

一度ホテルに帰ってリフレッシュ…
改めてご夕食はクリスタルハートによくある
うれしい選択メニュー!

サンデマンでポルトワインの試飲
サンデマンでポルトワインの試飲

ドン・ルイス一世橋からの眺め
ドン・ルイス一世橋からの眺め

────────────────────
 

3日目:4月21日/晴れ/12℃〜26℃

今日はポルトガル王家発祥の地ギマランイスへ…
旧市街の小高い丘の上に10世紀のお城
カステロ」がそびえ、近くでバスを降りた後
アフォンソ・エンリケスが洗礼を受けたという
サンミゲル礼拝堂を見学し、ブラガンサ侯爵邸
をかすめサンチャゴ広場オリベイラ広場
散策し、ご昼食まで30分くらいフリータイム
を取っていただきました。

昼食後はミーニョ川を渡ってポルトガルから
北スペインのガリシア地方へ…ここで時差が
あるため時計を1時間進めていただきました。

サンチャゴ・デ・コンポステーラに入る前に
モンテ・ゴゾ(歓喜の丘)に立ち寄って写真撮影!
遠くに大聖堂の鐘楼がかすんで見えました!

皆様今晩はあの目の前に泊まるんですよ〜!
場所は“金の広場”という意味もあるオブラロイド
広場
にあり、大聖堂を目の前に見る所・・
そしてスペインでも1、2を争う人気がある
パラドール(スペイン国営ホテル)
レイエス・カトリコス!

これはかつてレコンキスタ(国土回復運動)
を成し遂げたカトリック両王が巡礼者のために
建てた歴史ある建物で、王立病院としてまた、
宿泊施設として使われていたという由緒ある
5ツ星ホテルです!


チェックインしてからご希望の方々と明日の
予習の散策観光!
そして自由行動の後ミサにご参加・・
運よくボタフメイロ(振り香炉)が見られました!

夕食もちょっとおしゃれして、
パラドール・ディナーをお楽しみいただきました…
お話は尽きませんで、夜が更けていきました。

サンチャゴ・デ・コンポステラ大聖堂
サンチャゴ・デ・コンポステラ大聖堂

歓喜の丘
歓喜の丘

────────────────────
 

4日目:4月22日/晴れ/14℃〜23℃

今日は10時にゆっくり出発して、大聖堂へ…
というのも昨晩、半数以上のお客様が
ボタフメイロを見なかった?
ということで胸を痛めていましたが、今日も
午前中のミサに引き続いてボタフメイロを
行うというではないか!

これで全員様にご覧いただけましたね。

11世紀〜13世紀に建てられ、正面は後に
バロック様式になった大聖堂
その翼廊を舞う香炉を二回見た人もいたとは…
得した気分で
まさかあれほどの迫力とは・・
炎までみえましたね!
テレビでは見たけどあの香はかげなかったから…
それぞれの思いがあったことでしょう。

市場も訪れてチーズ買ったりペラヨ修道院の
ビスケット
も購入しました。

ポルトガルに戻ると今度は時間を1時間遅らせ、
ヴィアナ・ド・カステロへ…
ポサーダ(ポルトガルの国営ホテル)に入る
前に少しだけヴィアナ・ド・カステロの町を散策

ペラヨ修道院でビスケット購入
ペラヨ修道院でビスケット購入

ボタフメイロ
ボタフメイロ

────────────────────
 

↓↓後編はこちらから ↓↓
https://hankyu-tabiselection.com/?p=1941

────────────────────
 

お身体にやさしいゆとりの旅
阪急交通社「クリスタルハート」
http://www.hankyu-travel.com/crystal/tyo-i/
お客様満足度 92.8%(2016年度上半期)

今回ご紹介したコースの日程など
詳しい情報はこちらから↓↓
http://www.hankyu-travel.com/crystal/tyo-i/tour/LE106/
────────────────────
 

三大特典付き!毎日届く!
読むだけで旅行が10倍楽しくなる!
メールマガジンにご登録ください!!
 

今すぐ登録して特典を受け取る!

メールマガジンの登録はこちらから

■特典─────────────────
1:海外旅行の知恵袋!
ベテラン添乗員2名のトークショー動画
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2:ベテラン添乗員72人に聞いた!
旅の本音アンケート大公開
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3:(非売品)元イタリア駐在員が語る!
パッケージツアーの見方が変わる小冊子
────────────────────

※当レポートは現在募集中のツアーと内容が異なる場合がございます。

関連記事

旅はもっと、おもしろい。

阪急交通社クリスタルハート

ありふれたツアーでは物足りない。思い出に残る旅がしたい。東京発クリスタルハート海外旅行は、そんなお客様の声にお応えいたします。イタリアやスペインなどヨーロッパから、アジア、南米まで豊富なツアーをご用意しております。

ご満足いただけるためのお約束 ※阪急交通社サイトへ遷移します。
ツアーに関するお問い合わせ・ご相談は
03-6745-1818
― 受付時間 ―
   月曜〜金曜 9:30〜17:30
土曜・日曜・祝日 9:30〜13:30