<スカンジナビア航空利用>氷河の洞窟アイスケーブと氷河湖オーロラ観測 アイスランド8日間(前編)|ツアー添乗員レポート|クリスタルハート添乗員便り|2018年2月27日出発

阪急交通社ゆとりの海外旅行、
クリスタルハートの添乗員のレポートが
届きましたので、ご報告します。

↓↓後編はこちらから ↓↓
https://hankyu-tabiselection.com/?p=6848
 
■2018年2月27日出発
■添乗員/久連松 圭子(くれまつ けいこ)
■コース番号:LE111
<スカンジナビア航空利用>
氷河の洞窟アイスケーブと氷河湖
オーロラ観測 アイスランド8日間
────────────────────
 

添乗員/久連松 圭子
添乗員/久連松 圭子

オリジナル通りであれば、このアイスランド
のツアーは毎日9時や10時のホテル出発の予
定で、クリスタルハートのツアーの中でも群
を抜いてゆっくりのツアーです。

朝遅い分、夜はオーロラ鑑賞を頑張りま
しょうという意図です。

今回は気温上昇に伴い、アイスケーブの氷が
溶けてしまい閉じているとの情報を受け、可
能な限りアイスケーブ観光を後送りの日程に
ずらして挑戦することとしました。

結果的には残念なことにアイスケーブには入
れませんでした。

その代替としてご案内差し上げた氷河などが
お客様に好評でした。

風の洗礼も受け、風速30メートルの中、皆様
と手を取り合って進み、固まって地べたに座
り込んだことはいい思い出となりました。

夜な夜な、夕食の時に今日楽しかったことな
どをお話しさせて頂くのもとても楽しかった
です。

「ジャンプしたのなんて30年ぶりかも~」

「水着持ってなかったから今回のブルー
ラグーンの為に用意したのよ~」

皆様にとっても、非日常の冒険になった様で
した。

ツアー中はカメラマン石川さん、現地手配会
社遠藤さん、現地ガイドさゆさん、そして私
久連松も旅仲間に加えて頂きありがとうござ
いました。

又、1センチジャンプ隊の皆さんで旅に行き
ましょう。

この度のご参加誠にありがとうございました。

────────────────────
 

1日目:2月27日/曇り/2℃

韓国で行われた平昌オリンピック、アイスス
ケート、スピードスケート、カーリングなど
の競技においてメダルが日本にもたらされ、
大いに湧きました。

閉会式も終わったばかりで熱も冷めやらぬ中、
アイスランドへと出発です。

11名のお客様と共に楽しく遊びたいと思いま
す。

どうぞよろしくお願いします。

元々風の強いアイスランドで、今年はさらに
荒れてその日予定しているホテルまで行き着
けないツアーも例年より多く出ています。

出発前の天気予報では、レイキャビーク周辺
で強風が吹き荒れている情報が出ており、少
しばかり心配しながらの出発です。

まずはスカンジナビア航空で、コペンハーゲ
ンまで行きます。

スカンジナビア航空は満席の状態で、グ
ループは私たちの他にもう1つ弊社のノル
ウェーにオーロラを見に行くツアーの方々が
乗っているだけでした。

スカンジナビア航空は飲み物にスムージーを
搭載しているので1度お試しくださいませ。

コペンハーゲン空港では、機内で見た映画の
話になり、
「ナミヤ雑貨店の奇蹟」
「ダンケルク」
などを皆さんご覧になったご様子でした。

コペンハーゲンからレイキャビークまでのア
イスランド航空の機内は3時間半、よく眠れ
た時間でした。

レイキャビークのホテルグランドに入れたの
は、日付けが変わる寸前で、皆様お疲れで
しょうから、ご希望の方だけをホテルから歩
いて10分位の街明かりが届きづらい場所にご
案内しました。

ところが今日はオーロラ観測するには雲が厚
く張っていて、ご覧いただけませんでした。

冷えた身体をホテルのお湯の蛇口から出る硫
黄泉で温めてお休み頂きました。

成田空港にて、スカンジナビア航空。
成田空港にて、スカンジナビア航空。
これから12時間コペンハーゲンまで
お世話になります。

乗り継ぎのコペンハーゲンでは、人魚姫の像が出迎えてくれます。
乗り継ぎのコペンハーゲンでは、人魚姫の像
が出迎えてくれます。
本物は外にいるので、今度会いにきてね~~。

────────────────────
 

2日目:2月28日/曇り/0~4℃

昨日、遅くにレイキャビークに着いたので、
今日はのんびり10時にホテル出発です。

そういえば今回は、私たちのグループにいつ
ものツアーではいない方々が同乗しています。

カメラマンの石川さんと、現地手配会社ツム
ラーレの遠藤さんです。

石川さんは、カメラ9台とドローンを持ち込
み、来期用のパンフレット撮影、説明会用
ビデオ撮影をします。

遠藤さんは、来期の視察と仕入れ、今季の
ツアーの微調整をする為に来ています。

皆さん、お二人と談笑なさったりして早くも
旅仲間です。

午前中は、レイキャビークの市内観光ですが、
「あれ? なんだかいつもと違うぞ」
と思ったら、地面の雪や氷がすっかり溶けて
しまっています。

私達の到着前に、暖かい日が3日続きすっか
り溶けてしまったようです。

気温も4度と高めです。

ランチにはアイスランドロブスターを頂きま
した。

アイスランドロブスターといっても手長海老
ですが、高級品なのでアイスランドの方でも
滅多に食べれません。

私達は4尾頂きましたが、もう少し食べれそ
うです。

もう少し食べたかったと後ろ髪を引かれなが
ら午後はヘトリスヘイジ地熱発電所を見まし
た。

ここは1ヶ月前に火事があって、少し閉まって
いましたが、現在は一部補修しながらお客様
を迎え入れていました。

ホテル到着の前にスーパーマーケットに寄り
ました。

このスーパーは建築途中にバリバリと地面が
裂けて、北米プレートとヨーロッパプレート
と分かれてしまい、ギャウ(大地の裂け目の
溝)が出来てしまいました。

その裂け目を建物内の床にガラス張りにして
みえるようにしてくれています。

それを皆さんで一跨ぎにして遊んで見ました。

ホテルで夕食を頂いている時に、連日の降雨
と高めの気温のせいで、2日後に入場予定の
氷の洞窟が溶けてしまって入場出来ないとの
知らせが届きました。

皆様に状況をご説明差し上げ、これから日を
追うごとに気温が下がるので、諦めず、日程
を調整しながら進めて行くことをご案内した
ところ、皆さん、「うんうん」と頷きながら
どなたも入れないとは微塵も思っていない様
な落ち着き方です。

「よし‼︎ 必ず皆様にお見せしたい」
と強い気持ちになりました。

市庁舎内のジオラマにてアイスランドの説明を受けました。
市庁舎内のジオラマにてアイスランドの説明
を受けました。
今回、私達が行くところもよく分かりました。

チョルトニン湖はすっかり氷が溶けて、カモや白鳥はエサ探しに夢中です。
チョルトニン湖はすっかり氷が溶けて、
カモや白鳥はエサ探しに夢中です。
幼稚園児がたくさん来た時に白鳥がパンを
くれるかと思って、たくさん寄って行きま
したが、くれないと分かってスーーッと
散って行きました。

────────────────────
 

3日目:3月1日/曇りのち晴れ/ ー2~0℃

夜中ずっと雨と雪が混じったものが降ってい
て、残念ながらオーロラは見えませんでした。

出発の時間を迎えてもまだ、小雪が降ってい
ます。

今日は少し予定を変更して、ゴールデン
サークル
を一気にまわる事となりました。

昨日までの暖かさと打って変わり、グトル
フォスの滝では寒いこと! 寒いこと!


源流が氷河の溶け水で、冬にも関わらず、
ゴウゴウとたくさんの水が流れる様子に
皆様驚いていらっしゃいました。

間欠泉では吹き上がる瞬間をカメラに収めよ
うと脇を締めてカメラを構えます。

「まだかな~♪ まだかな~♪」

腕が疲れて、カメラを一瞬下ろした時に

「プシャーーーーー!!!」

と吹き上がります。

なかなかタイミングが合わず、
「ウキーーッ」
となりそうです。

夕方、国道一号線を東へと進み、グレー
シャーラグーンホテルを目指す途中で、太陽
が沈んで行きました。

そうすると、地平線のあたりがピンク色の様
な、紫色の様な色に染まりとても綺麗でした。

ホテルまでもう少しというところまで来ると、
バスの中からオーロラが確認できました。

咀嚼もそこそこに夕食を頂き、バスに乗って
ヨークルサルロン氷河湖を目指します。

オーロラ、出てます出てます。

満月の光にも負けず、氷河湖の向こうに細長
い筋の様な形で横に出たり、雲を散らした様
な形で出てます。

今日のオーロラのレベルは10段階のうちのレ
ベル2ですのであまり期待していませんでし
たが、オーロラと、はっきりわかるものが出
てくれました。

でも、風が強く皆さん寒そうです。

しばらくはワアワアとおっしゃりながら
オーロラを見ていましたが、ふと気がつくと
あれ?誰もいません。

皆さまバスに乗ってらっしゃいます。

「くれまつさ~~ん、バスに乗ってるので
オーロラ見えたら教えてね~~。」

氷河湖で見れたオーロラ
氷河湖で見れたオーロラ 少し風が強く
寒かったけど、満月の光にも負けずに
オーロラよく出てくれました。

グトリフォスの滝
グトリフォスの滝 前の日まで暖かかったの
で油断しましたが、ここは寒かったです。
遊歩道を歩きながら滝を下に見下ろします。

────────────────────
 

4日目:3月2日/晴れ/ー1~ー3℃

昨日はオーロラ観測から帰って来る時間が
夜中の0時過ぎと遅くなりましたので、朝は
11時にのんびりと出発です。

それにしても今日はいい天気です。

アイスケーブが閉じているので、予定を変更
して日程表にない氷河を見に行ったりして遊
びました。

天気がいいので、アイスランド最高峰の
クヴァンダルスフニュークル 2210mも
バッチリ見えています。

素晴らしい青空を讃えて、女性の方たちみん
なで歓喜のジャンプをする所を男性陣に写真
に撮ってもらいました。

イチで立ち、ニィで膝を曲げて、サンで空中
に飛び上がります。

でも、出来上がった写真を見ると、タイミン
グが合わなかったのか、膝を曲げてるニィの
お姿が写っていたり、ジャンプしてても1セン
チくらいでしょうか?

膝を曲げてるニィの写真は勢いをつけるため
に手を前に振り出しているのですが、そのお
姿がラッタッターの原付バイクに乗ってるか
の様です。

大笑いです。

スヴィナフィヤットル氷河は先端が間近に見
える迫力ある氷河です。

カメラマンの石川さんが、ドローンを飛ばし
て撮影をすることになりフワリと飛び上
がったドローンが、私達の真上を通り過ぎま
した。

そうすると皆様、自然とドローンに向かって
手をヒラヒラと振っていらっしゃいます。

手を振ってるところはドローンに綺麗に撮れ
たのでしょうか?

今日の観光の最後はフィヤッタラアウロン氷
河湖
へと行きました。

バスを降りた途端にとんでもなく風が強く、
眼鏡まで飛ばされそうです。

皆様お近くにいる方と手を取り合って進み
ます。

それでも耐えきれず、自然と皆さんギュッと
固まって地ベタに座り込んでしまいました。

南極で皇帝ペンギンが寒さに背を向けて
ギュッと固まっている姿にそっくりです。

この姿は逃してはならないと、冷静なカメラ
マン石川さんがペンギンの営巣地ならぬ、ク
リスタルハート1センチ飛び上がり隊のだんご
写真を撮っていらっしゃいました。

這々の体でやれやれとバスに戻ってきた時に
は、髪はザンバラ落ち武者の体でしたが、皆
さま、
「いや~、すごい体験だった~」
とニコニコです。

アイスランド最高峰
アイスランド最高峰
クヴァンダルスフニュークル 2210m
お天気が最高で、美しさ100% ここで、
クリスタルハート1センチ飛び上がり隊
が誕生しました。

スヴィナフィヤットル氷河は氷河先端が間近に見えます。
スヴィナフィヤットル氷河は氷河先端が間近
に見えます。
写真の左端に人が写っていて、氷河の規模が
お分かり頂けるかと思います。
すごい迫力です。

────────────────────
 

↓↓後編はこちらから ↓↓
https://hankyu-tabiselection.com/?p=6848

────────────────────
 

お身体にやさしいゆとりの旅
阪急交通社「クリスタルハート」
http://www.hankyu-travel.com/crystal/tyo-i/
お客様満足度 91.2%(2017年度下半期)

今回ご紹介したコースの日程など
詳しい情報はこちらから↓↓
http://www.hankyu-travel.com/tour/search_i.php?p_course_id=LE111&p_hei=10
────────────────────
 

三大特典付き!毎日届く!
読むだけで旅行が10倍楽しくなる!
メールマガジンにご登録ください!!
 

今すぐ登録して特典を受け取る!

メールマガジンの登録はこちらから

■特典─────────────────
1:海外旅行の知恵袋!
ベテラン添乗員2名のトークショー動画
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2:ベテラン添乗員72人に聞いた!
旅の本音アンケート大公開
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3:(非売品)元イタリア駐在員が語る!
パッケージツアーの見方が変わる小冊子
────────────────────

※当レポートは現在募集中のツアーと内容が異なる場合がございます。

関連記事

旅はもっと、おもしろい。

阪急交通社クリスタルハート

ありふれたツアーでは物足りない。思い出に残る旅がしたい。東京発クリスタルハート海外旅行は、そんなお客様の声にお応えいたします。イタリアやスペインなどヨーロッパから、アジア、南米まで豊富なツアーをご用意しております。

ご満足いただけるためのお約束 ※阪急交通社サイトへ遷移します。
ツアーに関するお問い合わせ・ご相談は
03-6745-1818
― 受付時間 ―
   月曜〜金曜 9:30〜17:30
土曜・日曜・祝日 9:30〜13:30