未知なる極北の絶景と感動に出会う氷の国グリーンランドと緑の国アイスランド大周遊12日間(後編)|ツアー添乗員レポート|クリスタルハート添乗員便り|2017年8月23日出発

未知なる極北の絶景と感動に出会う氷の国
グリーンランドと緑の国アイスランド大周遊
12日間
のご紹介です。
↓↓前編はこちらから ↓↓
https://hankyu-tabiselection.com/?p=5436
 
■2017年8月23日出発
■添乗員/久連松 圭子(くれまつ けいこ)
■コース番号:LE115
未知なる極北の絶景と感動に出会う氷の国
グリーンランドと緑の国アイスランド大周遊
12日間
────────────────────
 

7日目:8月29日/雨→晴れ/9-12℃

ミーバトンのホテルには嬉しい3連泊です。

荷物の整理が必要ないので連泊はお客様に
とても好評です。 、、、、、

朝、またもや雨が降っています。
雨が降り続いて今日で3日目です。

お客様が
「アイスランドに太陽は出ないの?」
とおっしゃいました。

そうですよね、グリーンランドからアイスラ
ンド
に来て一度も太陽を見てない日が続いて
います。

それどころか、毎度合羽を着て観光地に降り
ています。

ミーバトン周辺は火山地帯に属しているので、
あちこちの地面の裂け目から蒸気が噴き出し、
温泉が湧き出てどこもかしこも硫黄臭く、
沢山の火口丘や黒々とした溶岩台地の景観が
お楽しみ頂けます。

今日はきのこを探しながら歩いたり、一面の
溶岩台地に囲まれて、
「ここは地獄ではなかろうか?」
とお話ししながらの見学です。

今日はお昼にラムの脛のお肉を食べました。

公害のない澄んだ空気と美味しい水のお陰
か、アイスランドのラム肉は世界一美味しい
と言われています。

この度は骨の周りにぐるっとお肉がついた、
ギャートルズ仕様のお肉をお召し上がり頂き
ました。

骨からお肉をスルリと剥がして頂くと、
とても柔らかく臭みがありません。

お昼からは少しずつ天候が回復して、ついに
青空が見える様になりました。

待ってました!

グリーンランド以来の青空で皆様、気持ち良
さそうに奇岩のディムボルギルミーバトン
の散策をお楽しみ頂きました。

夕食の後、予報では強さはイマイチでしたが、
晴れているのでオーロラに挑戦です。

ホテルの目の前の丘の上に上がると、ミーバ
トン湖
の西側はまだ地平線近くは明るかった
のですが、早速チラチラとオーロラが見えて
来ました。

北の空に出たかと思えば、その反対にも見え
たりして大忙しです。

三脚なしで撮影に成功した方もいらっしゃい
ました。

ひとしきりオーロラの出現を楽しんで頂き、
お部屋に帰ります。

皆さん、アイスランドに来てから雨ばかりで
したが、明日の天気予報は上々ですよ。

おやすみなさい(^。^)

ミーバトン湖 ホテルの目の前の景色です。
ミーバトン湖 ホテルの目の前の景色です。 ここで、オーロラも見えました。

ミーバトン周辺は黄葉が進んで、秋はもうすぐです。
ミーバトン周辺は黄葉が進んで、秋はもうすぐです。

────────────────────
 

8日目:8月30日/晴れ/0-16℃

晴れましたよ〜。
アイスランドにも太陽ありましたよ〜〜。

今日は楽しみにしていたホエールウオッチ
ングです。

その前にフーサヴィークの町に移動する途
中、バスを止めてもらいアイスランドの馬
会いました。

私達が柵のところに近づいて行くと、3頭く
らいトコトコと寄って来てとても人懐こい
馬たちです。

頭の毛はロン毛で、足は短め、何とも親近感
の湧く可愛らしい馬たちです。

フーサヴィークでは港より60人乗りくらいの
船に乗り込みます。

乗り込む際に1人ずつ分厚いカバーオールを
着込むのですが、コートやら防寒具を着た上
から更に着込もうとするのでよいしょ、よい
しょと他の人に手伝ってもらったりしながら
何とか着込みます。

船長さん同士の情報交換により、鯨がいる
ポイントに向かいます。

早速、遠くで潮を吹くのが見えて来ました。
ザトウクジラです。

船は私達が予想するのよりうんと近づいて行
き、鯨は船のすぐ近くで悠々と泳いで、潮を
吹いては背中を見せ、最後に尾びれを見せた
かと思うと、スルリと海の中へと消えて行き
ます。

しばらく潜ったあと海面に出てくるのを待ち、
又船で追いかけるのです。

わ〜〜、すぐそこにいるよ、信じられ
ない!


尾っぽを写真に撮りたいけど、タイミング
が難しい! もう目に焼き付けて行くことに
した!


とお客様も興奮気味でいらっしゃいます。

船の甲板を右に行ったり左に行ったりしなが
ら、鯨を追いかけます。

外人さんの中には具合が悪くなった方も
いらっしゃった様ですが、この度のお客様達
は何とか大丈夫だった様です。

疲れて冷えた身体をミーバトンネイチャー
バス
で癒しに行きます。

溶岩台地に囲まれた景色のいい露天風呂で皆
様、気持ち良さそうです。

打たせ湯がありましたが相当な勢いの打たせ
湯の様で、試した方は
「痛い、痛い」
と悶絶なさったそうですね。

お湯は少しぬるめの様で暖かいお湯が出ると
ころで皆様固まって談笑していらっしゃいま
す。

あがってこられた時にはすっかり身体も温
まった様で、
あ〜〜気持ち良かった〜〜(^○^)
とお顔も紅潮していらっしゃいました。

ザトウクジラの尾っぽ
ザトウクジラの尾っぽ これを撮るのに何回シャッターを押したでしょう。

ミーバトンネイチャーバス
ミーバトンネイチャーバス 打たせ湯が強烈でした。

────────────────────
 

9日目:8月31日/くもり/12℃

夜中に弱々しいオーロラが出ました。

どうしようか迷った挙句、皆様にお電話を
差し上げてご希望の方には外に出て来て頂き
ました。

多少動いたり、緑色がついた状態でお楽しみ
頂けましたが皆様方のご期待にはまだ添えて
いないのではないかと悔しい思いです。

明日、明後日とオーロラのレベルは上々です
から後は雲が切れて星が見えれば、、、
と期待するばかりです。

今日は3連泊したミーバトンを出発して
アークレイリを目指します。

アークレイリの町はアイスランドでは2番目
に大きな町ではありますが、何とも小振りで
メインストリートも端から端まで歩いても
5分です。

ここは、赤信号がハートの形をしているのが
有名で何とも可愛らしく人気です。

赤信号になったらドライバー達が喜んで止ま
るというのも納得です。

アークレイリからレイキャビックまではプロ
ペラ機で移動なので楽々です。

アークレイリ空港から国内線に乗る際、保安
検査はありませんでした。

水でも刃物でも持ち込みできます。

この度グリーンランドの国内線でもそうでし
たが、両国とも平和なところなんですね。

レイキャビックに移動してからのランチは
アイスランドロブスターという高級食材=
手長エビでした。

柔らかく調理してくれていておまけに食べや
すい様に殻から身も外してくれているのでい
つも好評です。

この度もほとんどのお客様が完食です。

夕食はホテルでバイキングでした。

「くれまつさーん、エビフライがあって美味
しいのよ〜〜。私、6匹も食べちゃった〜〜」

「うんうん、美味しいよ。お昼のロブスター
より美味しいよ。」

何と!何と!
今までのアイスランドのツアーでは揺るぎな
い不動の地位を誇った高級食材アイスランド
ロブスター、エビフライに玉砕です。


アークレイリの信号
アークレイリの信号 可愛いハート型です

ゴーザフォスの滝に異教の偶像を投げ込むところがステンドグラスになっていました。
ゴーザフォスの滝に異教の偶像を投げ込むところがステンドグラスになっていました。

────────────────────
 

10日目:9月1日/くもり/12℃

観光最終日です。

レイキャビックの東の方角にある、ゴールデ
ンサークル
を目指します。

ケルズ火口湖では火口丘の縁を、富士山のお
鉢周りの様に歩けます。

火口丘の底に水が溜まっていて湖になってい
ます。

湖のほとりまで下ってみると、静かな湖面に
周りの景色が映り込んでいてとても綺麗です。

皆様にもほとりにお立ち頂き湖面にご自身の
姿が映り込むご様子をお写真に収めて頂きま
した。

間欠泉では手がフルフルになるまで頑張って
カメラを構えて頂き、無事に噴き上がる瞬間
をカメラにお撮り頂けましたでしょうか?

ユーラシアプレートと北米プレートの境目、
新しく土地ができる場所ギャウを訪れまし
た。

そこら中に亀裂がありますが、その1つを
皆さんで跨いで頂きました。

俄かエグザイルの方々が誕生して、楽しそう
に身体をグルグル回していらっしゃいます。

エグザイルのメンバーに加えて貰うには、
少し練習が必要かも知れません(笑)

跨いで頂いている途中に、今プレートが動い
て裂け目が広がったらどうしよう、、、
と一瞬思いましたが、御無事で何よりでした!


アイスランド最後の観光地はブルーラグーン
です。

まずは乳青色のお湯と共にお写真を1枚。

そして温泉の沈殿物で美容成分たっぷりの
シリカを顔中にパックして塗って1枚です。

皆様、とっても楽しそうに手を振ったり、
談笑していらっしゃいます。

頭まで綺麗にシリカを塗ったお客様や、
カメラに向かって一斉に手を振る皆様を他の
外人さんも面白がっていらっしゃいました。

皆様、外人さんからも随分写真を撮られて
いましたよ。

夕食レストランは満席で、地元のお客様も
賑やかに盛り上がっています。

私達も楽しかったツアーのお話しで
盛り上がりました。

グトルフォスの滝
グトルフォスの滝 水飛沫が立ち上がっていました。

ケルズ火口湖
ケルズ火口湖 周りの景色が逆さまに映っています

────────────────────
 

11日目:9月2日/くもり/13℃

今日はアイスランドを出国する日です。

皆様には鶏が鳴き出すより早くから御起床
頂き出発です。

朝早いけれどもホテルが朝食会場を開けて
くれて暖かいコーヒーが飲めたのは何より
でした。

空港は思ったより空いていたのでスムーズに
チェックインが終了です。

売店もレストランもフルオープンしています
ので、皆様方は最後のお土産調整のお時間で
す。

チョコレート、ビール、パフィンのぬいぐる
みなどお求め頂いた様でした。

コペンハーゲンでは丁度お昼の時間帯でした
ので、それぞれお召し上がり頂きましたが、
コーヒーとサンドイッチを食べて2000円以上
です。

今回のグリーンランドアイスランドをはじ
めとする北欧の物価には驚かされます。

コペンハーゲンの空港で最集合の際に改めて
写真を見返しながら皆さんで談笑していらっ
しゃいました。

ブルーラグーンのシリカ顔のお写真にを見な
がら、

「くれまつさーん、これは旅日記に載せない
でよ〜」

「逆に載っけても、これは誰が誰か分からな
いから大丈夫でないの?」

などと、楽しい会話が聞こえました。

成田行きの飛行機は1時間の遅延となりまし
た。

パイロットさんが遅れたのが理由とのことで
した。

空港に来る途中の道路で事故があったそうで
す。

お怪我がなくて良かったです。

飛行機は90パーセント位の乗車率にて成田に
向かいます。

ミーバトンのオーロラ
ミーバトンのオーロラ 実際はもう少し薄いですが、カメラに撮ると綺麗に撮れました。

アイスランドのラム
お肉はホロホロと骨から外れました。

────────────────────
 

12日目:9月3日/晴れ/23℃

1時間の遅れでコペンハーゲンを出発した
スカンジナビア航空の飛行機は30分遅れで
成田に到着しました。

映画を見ていて眠れなかったわ〜〜という方
もいらっしゃいました。

機内放送では外気温23度とのことです。

これから昼にかけて気温も上がっていくこと
でしょう。

皆様お疲れでしょうにニコニコと
「又ね〜〜、さようなら〜〜」
と税関に向かい、空港を後にになさいます。

御帰国後はどうぞ、美味しい日本食をお召し
上がり頂いたり、ゆっくりとお風呂に入って
旅のお疲れを癒して下さいませ。

ジャガイモと鱈は当分見なくても良さそうで
すね。

皆様方のご参加と、ツアー中のご協力、本当
に本当に有難うございました。

今回ご参加の皆様と ギャウを跨ぎます
今回ご参加の皆様と ギャウを跨ぎます

アイスランドの馬
アイスランドに住んでますヒヒンと申します。

この度はグリーンランドとアイスランドに
お越し頂き有難うございました。

グリーンランドでは鯨君に、皆様方の歓待を
お願いしておりましたが会えましたか?

私はロン毛で足も短めで、親しみやすいと
言われています。

日本の岬馬は遠い親戚かもしれません。

この度は、前半お天気が悪くて申し訳ありま
せん。

お水と空気の美味しいアイスランドで、心は
癒して頂けましたでしょうか?

アイスランドロブスターも美味しかったで
しょう?

え!?
何ですと!?
エビフライの方が美味しかったと?

至急アイスランドロブスター君と緊急会議を
開いて、高級食材をこれから最高に美味しく
お召し上がり頂く作戦を練りたいと思います。

────────────────────
 

↓↓前編はこちらから ↓↓
https://hankyu-tabiselection.com/?p=5436

────────────────────
 

お身体にやさしいゆとりの旅
阪急交通社「クリスタルハート」
http://www.hankyu-travel.com/crystal/tyo-i/
お客様満足度 92.8%(2016年度上半期)

今回ご紹介したコースの日程など
詳しい情報はこちらから↓↓
http://www.hankyu-travel.com/crystal/tyo-i/tour/LE115/
────────────────────
 

三大特典付き!毎日届く!
読むだけで旅行が10倍楽しくなる!
メールマガジンにご登録ください!!
 

今すぐ登録して特典を受け取る!

メールマガジンの登録はこちらから

■特典─────────────────
1:海外旅行の知恵袋!
ベテラン添乗員2名のトークショー動画
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2:ベテラン添乗員72人に聞いた!
旅の本音アンケート大公開
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3:(非売品)元イタリア駐在員が語る!
パッケージツアーの見方が変わる小冊子
────────────────────

※当レポートは現在募集中のツアーと内容が異なる場合がございます。

関連記事

旅はもっと、おもしろい。

阪急交通社クリスタルハート

ありふれたツアーでは物足りない。思い出に残る旅がしたい。東京発クリスタルハート海外旅行は、そんなお客様の声にお応えいたします。イタリアやスペインなどヨーロッパから、アジア、南米まで豊富なツアーをご用意しております。

ご満足いただけるためのお約束 ※阪急交通社サイトへ遷移します。
ツアーに関するお問い合わせ・ご相談は
03-6745-1818
― 受付時間 ―
   月曜〜金曜 9:30〜17:30
土曜・日曜・祝日 9:30〜13:30