<フィンランド航空利用>神秘の北欧 オーロラ&フィヨルドクルーズ10日間(後編)|ツアー添乗員レポート|クリスタルハート添乗員便り|2019年2月12日出発

<フィンランド航空利用>神秘の北欧
オーロラ&フィヨルドクルーズ10日間
のご紹介です。
↓↓前編はこちらから ↓↓
https://hankyu-tabiselection.com/?p=11359
 
■2019年2月12日出発
■添乗員/藤井 博志(ふじい ひろし)
■コース番号:LE110
<フィンランド航空利用>神秘の北欧
オーロラ&フィヨルドクルーズ10日間
────────────────────
 

6日目:2月17日/雨・くもり/-2〜2℃

昨日は結局、北緯66度33分の北極圏通過は午
前11時20分ころでした。

そこで本来ならば昨日の午前中に行われる船
内儀式「海の神・ネプチューンによる北極圏
通過祝福会」のイベントが本日の10時30分に
変更開催されることになりました。

そして本日14時に北緯70度に位置する北極圏
最大の町人口7万5千人のトロムソに到着し、
私たち一行は約2日振りに陸地へ下船しまし
た。

トロムソは北緯が70度でも暖流の影響を受け
て、比較的温暖なのですが、やはりこの時期
はさすがに路面は凍っております。

トロムソにも大学があるのですが、このトロ
ムソ大学が世界最北の大学となります。

またマックビールというノルウェーのビール
工場もこの町に置かれており、ここも世界最
北のビール工場なんだそうです。

確かに北極圏にビール工場や大学があるのは
不思議な気もしますが・・・

明日はいよいよノールカップへ寄港します。

トロムソの街並み
トロムソの街並み

トロムソの大聖堂
トロムソの大聖堂

────────────────────
 

7日目:2月18日/くもり/-4~1℃

ヨーロッパ最北端の岬がある北緯71度10分21
秒のノールカップ(英語:ノースケープ)は
マーゲロイ島にあります。

そのマーゲロイ島ノールカップの玄関口に
あたる港、ホニングスヴォーグ

そこからバスでさらに約45分、大西洋と北極
海の境界に面したノールカップにヨーロッパ
最北のシンボルである地球をモチーフにした
モニュメントが建てられてあります。

私たち一行は予定通り11時15分にホニングス
ヴォーグ
に到着しノールカップへ向かいまし
た。

ベルゲンを出航して昨日まで見えていた複雑
な入り江と峡湾のフィヨルドはもうここには
なく、目の前に広がる大海原の先には北極が
あります。

夏には真夜中でも太陽が沈まない最果ての地
へ、私たちはたどり着きました。

ヨーロッパの大地が北の海へと消えるノール
カップ


その最果ての地にたどり着いた感動の余韻を
抱き、明日はフッティルーテン最終目的地
ルケネス
へ向かいます。

ノールカップのモニュメント
ノールカップのモニュメント

ノールカップのモニュメント(遠望より)
ノールカップのモニュメント(遠望より)

────────────────────
 

8日目:2月19日/くもり・雪/-8~-5℃

2日目にベルゲンを出港したフッティルーテン
「MS KONG HARARD」号、北の終着港キルケネ
には9時に着岸しました。

早いもので下船日です。

キルケネス(ヒルケネス)はロシア国境から
わずか7キロに位置する小さな漁村です。

もともとは鉄鉱石の採掘で繁栄した町であり
ましたが、第二次世界大戦後の旧ソ連が食糧
難を回避する目的で樺太沖のタラバガニを北
極海に放流した結果、天敵がいないことで大
繁殖し、今はタラバガニの漁港として小さな
町ではありますが、水産業界では特に注目を
浴びてる町のひとつであります。

そのキルケネスの町からバスにてフィンラン
に入り、本日の宿泊地サーリセルカに到着
したのは18時前でした。

到着したサーリセルカの天候は雪景色。

オーロラは厚い雲に隠れてしまいました。
残念です、、、

ロシアとノルウェーの国境
ロシアとノルウェーの国境

ロシア記念碑(キルケネス)
ロシア記念碑(キルケネス)

────────────────────
 

9日目:2月20日/晴れ/-9~-3℃

帰国の日を迎えました。

サーリセルカを11時に出発し、約30キロ北に
あるイヴァロ空港からヘルシンキ経由で帰国
の途、成田国際空港へ向かいます。

今回の旅はノルウェーを中心に旅してきまし
たが、ここフィンランドはノルウェーの隣国
でありながら、やはり民族が違うと文化や考
え方、国の政策なども変わるものだと実感し
ました。

例えばノルウェーではバスマットを敷く習慣
がないのに対しフィンランドは多くの他国と
同じようにバスマットが用意されていたり、
ノルウェーは自国の通貨を持っていますが
フィンランドはユーロを自国の通貨としてお
ります。

またノルウェーはEUに加盟していませんが
フィンランドはEUに加盟しています。

言語も全く違うところから民族が違うことも
わかります。

それでありながらお互いの国の相互関係を弊
害なく、よりレベルの高い国を目指していく
北欧諸国は非常に安全で旅のしやすい環境だ
とあらためて感じ取りました。


サーリセルカの雪景色 1
サーリセルカの雪景色 ①

サーリセルカの雪景色 2
サーリセルカの雪景色 ②

────────────────────
 

10日目:2月21日/晴れ/15℃

成田空港には定刻より1時間遅く、午前11時に
到着いたしました。

今回の旅では残念ながらはっきりとしたオー
ロラ出現には至りませんでしたが、皆さまか
ら多くのご協力をいただき帰国することがで
きました。

本当にありがとうございました。

「オーロラが見られなかったのは藤井さんの
せいではありませんよ」とありがたいお声を
かけて下さったときには、正直涙が出る思い
でした。

それでも今回はオーロラ撮影の石川カメラマ
ンが唯一5日目の深夜に10分ほど鮮明に現れた
オーロラを根性で撮影しております。

この貴重な今回のオーロラ映像が届くまで、
今しばらくお待ち下さいませ。

またの機会にクリスタルハートの旅で皆さま
にお会いできますよう、心から楽しみにして
おります。

10日間、本当にありがとうございました。
心より皆さまにお礼申し上げます。

今回同行した石川肇カメラマン
今回同行した石川肇カメラマン

オーロラ
オーロラ

────────────────────
 

↓↓前編はこちらから ↓↓
https://hankyu-tabiselection.com/?p=11359

────────────────────
 

お身体にやさしいゆとりの旅
阪急交通社「クリスタルハート」
http://www.hankyu-travel.com/crystal/tyo-i/
お客様満足度 91.2%(2017年度下半期)

今回ご紹介したコースの日程など
詳しい情報はこちらから↓↓
http://www.hankyu-travel.com/tour/search_i.php?p_course_id=LE110&p_hei=10
────────────────────
 

三大特典付き!毎日届く!
読むだけで旅行が10倍楽しくなる!
メールマガジンにご登録ください!!
 

今すぐ登録して特典を受け取る!

メールマガジンの登録はこちらから

■特典─────────────────
1:海外旅行の知恵袋!
ベテラン添乗員2名のトークショー動画
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2:ベテラン添乗員72人に聞いた!
旅の本音アンケート大公開
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3:(非売品)元イタリア駐在員が語る!
パッケージツアーの見方が変わる小冊子
────────────────────

※当レポートは現在募集中のツアーと内容が異なる場合がございます。

関連記事

旅はもっと、おもしろい。

阪急交通社クリスタルハート

ありふれたツアーでは物足りない。思い出に残る旅がしたい。東京発クリスタルハート海外旅行は、そんなお客様の声にお応えいたします。イタリアやスペインなどヨーロッパから、アジア、南米まで豊富なツアーをご用意しております。

ご満足いただけるためのお約束 ※阪急交通社サイトへ遷移します。
ツアーに関するお問い合わせ・ご相談は
03-6745-1818
― 受付時間 ―
   月曜〜金曜 9:30〜17:30
土曜・日曜・祝日 9:30〜13:30