<スカンジナビア航空ビジネスクラス往復直行便利用>美しき北欧4カ国周遊10日間(後編)|ツアー添乗員レポート|クリスタルハート添乗員便り|2017年6月21日出発

<スカンジナビア航空ビジネスクラス往復直行便利用>
美しき北欧4カ国周遊10日間
のご紹介です。
↓↓前編はこちらから ↓↓
https://hankyu-tabiselection.com/?p=3616
 
■2017年6月21日出発
■添乗員/金光 早苗
■コース番号:LE112
<スカンジナビア航空ビジネスクラス往復直行便利用>
美しき北欧4カ国周遊10日間
────────────────────
 

6日目:6月26日/雨・晴れ/11-20℃

★ストックホルム→(タリンクシリヤライン泊)

北欧随一の美しさを誇る
水の都ストックホルム

ノーベル賞受賞者の晩餐会・祝賀会のダンス
パーティが行われる市庁舎を訪れたあとは、
王宮や中世の街並みが残る石畳の街ガムラス
タン
へ。

無事ノーベル賞のメダルチョコもゲット!

大きな団体より一足先に到着できて良かった
ですね。

昼食後は、メーラレン湖の畔に建つ
「王妃の小島」という意味のドロットニング
ホルム宮殿
へ。

歴代の王妃たちにより増改築された宮殿では、
18世紀の王族たちの生活・スウェーデンの
繁栄を見ることができました。

北欧で最も豪華な定期客船「タリンクシリヤ
ライン」でヘルシンキに向け出発!


夕食中に現れた虹に大感激!

アジアを意識したショーは、
踊る忍者に踊るパンダ・・・
スモウレスラーだって踊っちゃいます。

唖然とする私達の側には楽しそうな子供の
姿が。

これが欧米人がイメージする
アジアなんですね・・・

市庁舎黄金の間
市庁舎黄金の間

ドロットニングホルム宮殿
ドロットニングホルム宮殿

────────────────────
 

7日目:6月27日/曇り/9-17℃

★ヘルシンキ(ラディソンBLUロイヤル)

今朝は、スタンダードキャビンとデラックス
キャビンとで朝食会場が違います。

デラックスキャビンをご利用のお客様は朝食
レストランでウェルカムシャンパンが付いた
とか・・・。


アップグレードされた方の特典ですね。

ゆっくりと朝食やお買い物を船内でお楽しみ
いただき、10時ちょっと前に下船。

港到着前に世界遺産スオメンリンナ島が見え
ました。

例年より気温が低く、すっきりしないお天気
ヘルシンキ。風は冷たかったですが、傘を
使わずに観光ができた事に感謝感謝。

ヘルシンキのランドマークである北欧最大の
ロシア正教の教会「ウスペンスキー寺院」と
白亜の大聖堂をご覧頂いたあとは、フィンラ
ンドを代表する音楽家のモニュメントがある
シベリウス公園と岩盤をくり抜いて造られた
テンペリアウキオ教会へ。

昼食にはフィンランドでよく食べられる魚の
ひとつニシンのフライを頂きました。

冬になると氷で海が閉ざされ新鮮な魚が手に
入らなくなることから、ニシンの塩漬けや
酢漬けは大事な保存食だったそうです。

ムーミンとミーがお見送り(タリンクシリヤライン)
ムーミンとミーがお見送り(タリンクシリヤライン)

君の名は?(シベリウス公園)
君の名は?(シベリウス公園)

────────────────────
 

8日目:6月28日/晴れ/20℃

★ヘルシンキ→コペンハーゲン
(サンクトペトリ泊)

フィンランド語は面白い。
そうおっしゃっていたヘルシンキのガイドの
ミサコさん。

日本の田中さんと同じぐらいポピュラーな
名前が「アホ」。

「パーヤネン」という名前もあるそうです。

名前と判っていても、呼ぶのにちょっと
躊躇してしまいそうですね。

フィンランドとモイモイ(バイバイ)して、
デンマーク・コペンハーゲンへ。

将来有望な若手シェフ達が活躍する
Hillerodレストランで見た目も味も素敵な
料理を楽しんだ後は、フレデリクスボー城へ。

火災後再建されたこの城は、現在デンマーク
の歴史を伝える博物館。

唯一焼失を免れた内装が美しい教会には、
現在も現役のパイプオルガンが。

そして、教会内にはデンマークから勲章を
受けた家の家紋が書かれた盾がずらっと並
んでおり、その中には天皇陛下のものも

その後シェークスピアのハムレットの舞台
にもなったクロンボー城へ。

夕食後、お元気な方は食後のお散歩にライト
アップされたクリスチャンボーやメインスト
リートへ。

クリスチャンボーは、現在迎賓館・国会議事
堂・最高裁判所などの施設として使われてい
ます。

Hillerodレストランのシェフ達
Hillerodレストランのシェフ達

フレデリクスボー城内教会
フレデリクスボー城内教会

────────────────────
 

9日目:6月29日/曇り/12-23℃

★コペンハーゲン→(機中泊)

17世紀後半国王の命により作られた
「新しい港」ニューハウン

アンデルセンが愛した地区でもあり、運河沿
いには色とりどりの可愛らしい木造の建物が。

その中のひとつの赤い家は、アンデルセンが
暮らしていた家。

彼の代表作人魚姫のブロンズ像は、カールス
バーグの2代目社長がバレエの人魚姫を見て
感銘し、制作を立案。

1913年に公開された人魚姫は、その美しさ
から心無い人達により首や腕が持ち去られる
など悲しい過去も。

冬の王宮アマリエンボーをご覧頂いた後は、
ロイヤルコペンハーゲンカフェがあるメイン
ストリートのストロイエへ。

コバルトブルーのイヤープレートでも有名な
ロイヤルコペンハーゲン

青と白の絵付けは、日本の古伊万里染付の
影響を受けていると言われています。

ロイヤルコペンハーゲンカフェでは、300年
以上愛されてきたスモーブロというオープン
サンドとスシを融合させたオリジナルの
「スムシ」をお召し上がりいただきました。


昨日から2日ご一緒して下さったガイドの
宮下さんともお別れです。

フレデリクスボー城内にて
フレデリクスボー城内にて

ニューハウン
ニューハウン

────────────────────
 

10日目:6月21日/曇り

★成田空港

北欧から戻ったらポルトガル

その前に今回の旅の報告書を
仕上げなくては・・・
とパソコンとにらめっこをしていたら、
あっという間に成田到着。

暗い機内の中パソコンの光が目立つのか、
優しいフライトアテンダントが何度も何度も
飲み物を運んできてくれました。

お陰で普段より多めにお手洗いへ。

エコノミー症候群防止に
一役買ってくれました。

砂漠以上に乾燥していると言われる機内。

エコノミー症候群は機内の乾燥と低い気圧
による体内の水分の蒸散による水分不足と
血液粘土上昇、そして長時間同じ姿勢でいる
ことによる下肢圧迫が引き起こす「深部静脈
血栓症」。

エコノミークラスだけでなく、ビジネスクラ
スでも起こりえる病気です。

過去に疲れ果てて機内食も食べずに寝てし
まった時には、成田空港到着時足に違和感を
感じ病院に飛び込みました。

幸い血栓はできておりませんでしたが、皆様
も気を付けて快適な空の旅をこれからも楽し
んでください。

いつも優しい笑顔で支えてくださった皆様、
どうもありがとうございました。

時折パンフレットを見て私の生存確認を
して頂けたら嬉しいです

ノーベル賞ディナー(グランドホテル)
ノーベル賞ディナー(グランドホテル)

ソグネフィヨルドクルーズ
ソグネフィヨルドクルーズ

────────────────────
 

↓↓前編はこちらから ↓↓
https://hankyu-tabiselection.com/?p=3616

────────────────────
 

お身体にやさしいゆとりの旅
阪急交通社「クリスタルハート」
http://www.hankyu-travel.com/crystal/tyo-i/
お客様満足度 92.8%(2016年度上半期)

今回ご紹介したコースの日程など
詳しい情報はこちらから↓↓
http://www.hankyu-travel.com/crystal/tyo-i/tour/LE112/
────────────────────
 

三大特典付き!毎日届く!
読むだけで旅行が10倍楽しくなる!
メールマガジンにご登録ください!!
 

今すぐ登録して特典を受け取る!

メールマガジンの登録はこちらから

■特典─────────────────
1:海外旅行の知恵袋!
ベテラン添乗員2名のトークショー動画
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2:ベテラン添乗員72人に聞いた!
旅の本音アンケート大公開
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3:(非売品)元イタリア駐在員が語る!
パッケージツアーの見方が変わる小冊子
────────────────────

※当レポートは現在募集中のツアーと内容が異なる場合がございます。

関連記事

旅はもっと、おもしろい。

阪急交通社クリスタルハート

ありふれたツアーでは物足りない。思い出に残る旅がしたい。東京発クリスタルハート海外旅行は、そんなお客様の声にお応えいたします。イタリアやスペインなどヨーロッパから、アジア、南米まで豊富なツアーをご用意しております。

ご満足いただけるためのお約束 ※阪急交通社サイトへ遷移します。
ツアーに関するお問い合わせ・ご相談は
03-6745-1818
― 受付時間 ―
   月曜〜金曜 9:30〜17:30
土曜・日曜・祝日 9:30〜13:30