ウズベキスタンってどんなところ?前編

はじめまして。阪急交通社のやざわです。

今日は中央アジアの盟主ウズベキスタンをご紹介したいと思います。

 

ウズベキスタンってどんな国かご存じでしょうか?

もしかしたらサッカーの日本代表戦などで名前だけは聞いたことがあるかもしれませんね。

 

もともとは旧ソ連の構成国でしたが、ソ連解体と共に独立したまだまだ新しい国の1つです。

そんなウズベキスタンの街をご紹介いたします。

 

まず首都のタシケントは中央アジア一の大都会といわれ、

街には地下鉄も走っています。

また成田空港から直行便がタシケントまで飛んでいるため、

日本からウズベキスタンに行くときの玄関口の街でもあります。

CIMG9512

 

 

 

 

 

 

 

次に観光地として有名なところはサマルカンドという街になります。

この街は美しい青の建物や青い空と青色が特徴的です。

またこの街はかつてシルクロードの中継地だったこともあり、

東洋と西洋の交差路ともいわれております。

ツアーでも個人でも必ず訪れたい街です。

CIMG0788

 

 

またウズベキスタンは国の真ん中が砂漠地帯となっており、

多くの街がオアシス都市として発達を遂げてきました。

そのためは非常に大切な資源の1つです。

その大切な水の教育としてアラル海がよく教材に利用される国です。

社会の授業で学んだかもしれませんが、

かつては世界屈指の大きさを誇っていたアラル海も

時代とともに縮小をしてきました。

 

実はそのアラル海はウズベキスタンにあるんです。

ツアーでもなかなか行けませんが、

ウズベキスタンの北部にはかつてアラル海の水があった場所に

船の墓場と呼ばれる場所もあります。

もし機会があったら訪れてみてくださいね。

 

またウズベキスタンバザールが非常に有名であり、

楽しい場所です。

タシケントのバザールはまるでデパートのように

大きなバザールで食材だけでなく、

洋服などの生活必需品なども販売しています。

CIMG0569CIMG0571CIMG0574

 

 

一方サマルカンドのバザール、ショブバザールでは

スパイスや果物、肉にナンなどたくさんの食材を販売しています。

CIMG0778CIMG0779CIMG0780

 

またブハラというかつての都であった街のバザールでは

絨毯や宝石などを扱うバザールもあれば、

観光客を目当てにしたTシャツや人形、

伝統的な刺繍などが販売されております。

CIMG9999CIMG0028

 

街によってバザールの雰囲気が異なるため、

お買い物好きにはたまらないところばかりです。

ぜひ皆様もウズベキスタンでたくさんのお買い物をしてみてくださいね。

 

次回は2016年にチャーター便で訪れた

ウズベキスタンのツアーについてご紹介いたします。

関連記事

旅はもっと、おもしろい。

阪急交通社クリスタルハート

ありふれたツアーでは物足りない。思い出に残る旅がしたい。東京発クリスタルハート海外旅行は、そんなお客様の声にお応えいたします。イタリアやスペインなどヨーロッパから、アジア、南米まで豊富なツアーをご用意しております。

ご満足いただけるためのお約束 ※阪急交通社サイトへ遷移します。
ツアーに関するお問い合わせ・ご相談は
03-6745-1818
― 受付時間 ―
   月曜〜金曜 9:30〜17:30
土曜・日曜・祝日 9:30〜13:30