<ANA利用>マルタ共和国8日間~マルタ島・ゴゾ島・コミノ島~(後編)|ツアー添乗員レポート|クリスタルハート添乗員便り|2018年2月23日出発

<ANA利用>マルタ共和国8日間
~マルタ島・ゴゾ島・コミノ島~
のご紹介です。
↓↓前編はこちらから ↓↓
https://hankyu-tabiselection.com/?p=6763
 
■2018年2月23日出発
■添乗員/平井 春介(ひらい しゅんすけ)
■コース番号:LE178
<ANA利用>マルタ共和国8日間
~マルタ島・ゴゾ島・コミノ島~
────────────────────
 

4日目:2月26日/晴れ/11〜18℃

ゴゾ島には泊まらないと分からない地元の
住民の持っている温かさを感じました。

ケンピンスキーでの朝食もゆったりと時間が
過ぎていく感じで都会に住んで時間に追われ
る普段の生活と違い、貴重な滞在になったの
ではないでしょうか?

2泊のゴゾ島滞在もあっという間に過ぎ、再
マルタ島までフェリーで戻りました。

その後、スリーシティーズの狭い道路をミニ
コーチで回り、ガーディオラ公園見晴台から
の景色を見て、聖ヨハネ騎士団がマルタに着
いて最初に作ったヴィットリーザの騎士団の
宮殿
を重い鎧を着た気分?で散策後、港の
「Don Berto Restaurant」でランチでし
た。

ここでは、グリーンサラダ、マルタの海で
育ったカジキマグロのグリル&フライドポテ
ト&ローストポテト、バニラミルフィーユを
召し上がっていただきました。

その後移動し、カルカーラの日本軍慰霊碑を
訪れました。

戦争して良い事は何もないと実感しました。

猫のサンクチュアリーでは、どんな事情が
あったのか?深くは分りませんでしたが、
そこにいた猫達は少なくともボランティアの
人達に大事にされており安心しました。

その後、ホテルにチェックインし夕方まで
休憩となりました。

夕食はベッカムも訪れたことのあるセント
ジュリアンズ
にある老舗の人気レストラン
「バラクーダ」にて、海老のパッケリ
(幅広の輪切りパスタ)と魚のグリル
(オオニベ)or柔らかビーフステーキorラム
のグリルとパンナコッタのデザートでした。

シーズン中はヨーロッパ人に大人気で満員御
礼ですが、今回は日本のグループに大人気で
お隣は何を食べているのか何故か気になりま
したね。

ここは、素材の味を重視しシンプルに味わう
メイン料理でした。

日本人は醤油を使って何でも美味しく食べら
れるから恵まれていますね。

ホテルはヴァレッタの入口まで徒歩圏内で行
けるフロリアーナに建つ5つ星のグランド
エクセルシオールに2連泊でした。

猫の楽園
猫の楽園

騎士団達が住んでいたヴィットリオーザの路地
騎士団達が住んでいたヴィットリオーザの路地

────────────────────
 

5日目:2月27日/晴れ/11〜17℃

朝一番で2日目に予定していた青の洞門に向
かいましたが今日も船は出ないとの事。

ですが再びのチャンスがもう1度訪れ皆様の
強運に掛ける事になりました。

気を取り直して世界遺産の街に指定されてい
る首都・ヴァレッタの観光です。

アッパーバラッカガーデンで、広い湾を守る
為に設置された大砲と、昨日訪れた対岸の
ングレアの見晴台
を対岸から見渡しました。

ここからの眺望を見て感動の余り涙を流され
た元アイドルの演歌歌手がいた事で大変有名
になった場所です。

更に騎士団によって建てられた聖ヨハネ大聖
では、騎士団を構成する八つのグループの
礼拝堂と、当時ローマで活躍していたにも関
わらず重大な罪を犯しマルタ騎士団を頼って
マルタに流れ着いたカラヴァッジォが残した
特に有名な「聖ヨハネの斬首」が今年から自
分の写真に納められる事になりました。

この作品は自分の罪を絵に表現したので
しょうか?

とにかく怖いくらいリアルに描かれておりま
す。

そろそろのランチはマルタで一番古くから営
業している(1837年創業)カフェ&レスト
ラン「Caffe Cordina」にて、ブルスケッタ
(カリカリパンのおつまみ、ひき肉を肉で巻
いて煮込む家庭料理のブラジオリ、地元で採
れるなつめやしを使ったお菓子でした。

食後はすぐ近くの騎士団長の宮殿武器庫
見学しました。

ここはナポレオンに攻め込まれるまで21代に
も及ぶ騎士団長が使用し、現在は一部がマル
タの大統領の執務室や政府機関の建物として
使用されています。

昨年は1月から半年間EUの議長国を務めてい
ましたので、会議場にも使われていました。

そして武器庫には6000点にも及ぶ武器や鎧が
集められていました。

これらは高価な物なので持ち主が不在になる
と共有する為に国にすべて納められました。

夕食までフリータイムでしたので、添乗員は
希望される方と国立考古学博物館へ行き巨石
神殿群で発見された石像の数々を見に行きま
した。

マルタのヴィーナスは謎に包まれたままです
が、ミステリーがあってこそ人を引き寄せる
パワースポットだと思いました。

夕食はマルタで最初の首都イムディーナ
5つ星ホテル
「The Xara Palace Relais & Chateaux」
内のレストラン「De Mondino」にて、タコ
のカルパッチョ、クロダイのグリル、ラズベ
リーマカロンタルト、コーヒーorティーの
メニューでした。

ここは17世紀の宮殿をそのまま利用してい
ます。

あのレストランは当時何に使われていたのか
気になりますね?

イムディーナの夜の街は中世の時代そのまま
が再現されているかの様です。

アッパーバラッカガーデンからの眺め
アッパーバラッカガーデンからの眺め

騎士団の為に造られた黄金に輝く大聖堂内部
騎士団の為に造られた黄金に輝く大聖堂内部

────────────────────
 

6日目:2月28日/晴れ/12〜17℃

午前中はフリータイムでしたので、それぞれ
の予定で過ごされました。

添乗員はシャトルバスでヴァレッタにお客様
と行きましたが、10分ほどの滞在でした。

空港でのお手伝いをするアヤコさんも合流し
ホテルを早めの12:00に出発しました。

青の洞門クルーズに再チャレンジです。

ここ最近は朝から風があり運休が暫く続いて
いたそうです。

ですが、皆様の強い願いがいよいよ叶えられ
る日がやって参りました!


今日は船が出ていると聞いた時からワクワク
はしましたが、同時に強くなって来た風が再
びの不安材料でもありました。

ともかくザップンザップン揺れる中、透明に
輝く海と洞窟、洞門(今回はターコイズ
ブルーとエメラルドグリーンの2色)をご覧
いただけました。

最初に見る予定が一番ラストになりましたが、
色々見所はあったにせよ今回のハイライトは
大海原に繰り出す騎士団のつもりで乗った、
あの青の洞門クルーズではないでしょうか?

空港にて黙々と運転してくれたドライバーの
クリスさんとお別れし、マルタ航空で
ブリュッセルへ向かいました。

行きは時間がかなりありましたが、帰りはラ
ウンジでの滞在はあっという間に過ぎ搭乗時
間が来てしまいました。

定時運航にとても力を入れている全日空です
が、今回もほぼ予定通りの出発となりました。

ビジネスクラスの食事や寝心地はいかがでし
たか?

────────────────────
 

7日目:3月1日/晴れ/17 ℃

全日空232便は16:15に成田空港に無事到着
となりました。

〈添乗員からのお礼の言葉〉
今回は2日目~6日目のスケジュールで1日
あたり平均10730歩のペースで来たので、
食べて良く運動された健康コースではないで
しょうか?

不安定な天気にも関わらず不思議なくらい傘
を使う事がなかったですね。

時差に慣れた頃、また参加者の皆様も話が弾
み出した頃にお別れとなってしまい残念です
が、旅行という共通の思い入れがあれば、次
に再会出来る日もあると思います。

お気に召したコースを選び、ぜひまたご参加
下さい。

皆様の思い出に残るご旅行になるよう、
スタッフ一同は快くお手伝いさせていただき
ます。

個人的な意見が文章が含まれておりますが、
感じた事をそのまま表現したまでですので
ご容赦ください。

今回はマルタの旅行にご参加いただき、
ありがとうございました。

────────────────────
 

↓↓前編はこちらから ↓↓
https://hankyu-tabiselection.com/?p=6763

────────────────────
 

お身体にやさしいゆとりの旅
阪急交通社「クリスタルハート」
http://www.hankyu-travel.com/crystal/tyo-i/
お客様満足度 92.8%(2016年度上半期)

今回ご紹介したコースの日程など
詳しい情報はこちらから↓↓
http://www.hankyu-travel.com/tour/search_i.php?p_course_id=LE178&p_hei=10
────────────────────
 

三大特典付き!毎日届く!
読むだけで旅行が10倍楽しくなる!
メールマガジンにご登録ください!!
 

今すぐ登録して特典を受け取る!

メールマガジンの登録はこちらから

■特典─────────────────
1:海外旅行の知恵袋!
ベテラン添乗員2名のトークショー動画
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2:ベテラン添乗員72人に聞いた!
旅の本音アンケート大公開
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3:(非売品)元イタリア駐在員が語る!
パッケージツアーの見方が変わる小冊子
────────────────────

※当レポートは現在募集中のツアーと内容が異なる場合がございます。

関連記事

旅はもっと、おもしろい。

阪急交通社クリスタルハート

ありふれたツアーでは物足りない。思い出に残る旅がしたい。東京発クリスタルハート海外旅行は、そんなお客様の声にお応えいたします。イタリアやスペインなどヨーロッパから、アジア、南米まで豊富なツアーをご用意しております。

ご満足いただけるためのお約束 ※阪急交通社サイトへ遷移します。
ツアーに関するお問い合わせ・ご相談は
03-6745-1818
― 受付時間 ―
   月曜〜金曜 9:30〜17:30
土曜・日曜・祝日 9:30〜13:30