紺碧のエーゲ海クルーズとサントリーニ島に2連泊 ギリシャ縦断10日間(前編)|ツアー添乗員レポート|クリスタルハート添乗員便り|2017年10月3日出発

阪急交通社ゆとりの海外旅行、
クリスタルハートの添乗員のレポートが
届きましたので、ご報告します。
↓↓後編はこちらから ↓↓
https://hankyu-tabiselection.com/?p=5543
 
■2017年10月3日出発
■添乗員/木村 吏佐(きむら りえ)
■コース番号:LE197
紺碧のエーゲ海クルーズとサントリーニ島に
2連泊 ギリシャ縦断10日間
────────────────────
 

添乗員/木村 吏佐
添乗員/木村 吏佐

この度は初秋のさわやかなお天気に恵まれ、
自然豊かなギリシャの島々・紺碧のエーゲ海
サントリーニ島での朝日夕日・悠久の都
アテネでは歴史に触れることができました。

なんといっても、常にお時間をお守り頂け、
19名様の和やかなお客様にも恵まれました事
心より感謝申し上げます。

道中は何かと行届かない点、説明不足等、
ご迷惑をおかけいたしました事心よりお詫び
申し上げます。

ですが、皆様の笑顔でどれだけ救われた思い
のしたことかわかりません。

皆様にとって素敵な思い出が残るツアーと
なっていたら幸いです。

朝日、夕日と一緒に美しい瞬間を見ることが
でき、ほんとに忘れがたい貴重なお時間を
ありがとうございました。

どうかいつまでもお元気でご家族仲良く、
素敵な旅をお続けください!

また、いつかお目にかかれる事
心より楽しみにいたしております。

────────────────────
 

1日目:10月3日/晴れ

いよいよ日本出発。

TK53便21:40にてイスタンブールへ12時間の
フライトです。

機長もはりきってくれたおかげで2:50到着。

飛行機までのバス移動は空港とは思えない野
中の道をひた走り、大丈夫かしら?と不安な
思いがよぎったところで目の前に飛行機が!!

朝日と共に現れました!
7:25発でいざテッサロニキへ!


空港にて
空港にて

テッサロニキへ
テッサロニキへ

────────────────────
 

2日目:10月4日/晴れ

ギリシャ第2の都市テッサロニキ到着。

古代マケドニア王国の将軍であったカッサン
ドロスの妻でアレクサンドロス大王の異母妹
の名前にちなんでつけられたそうです。

ガイドのイリーナさんとドライバーの
ジョージ?クルーニー似のペルロサンお出迎
えでこの街のシンボルのホワイトタワー
(直径23m・高さ27m階段96段)へ。

1878年に牢獄としての役目を終え、装い新た
に白く塗られたことから名前がついたそうで
す。

アレキサンダー大王ともお写真をお撮り頂き
目指すはメテオラ!

カランバカの街でランチはKipos Toul Lia
にてオムレツ・ポークスブラキ・ベイクド
アップルをお召し上がりいただきました。

食後はいよいよメテオラへ。

6000万年前に形成された断崖絶壁の巨大な岩
山の数々とその頂上に建てられた修道院群。

俗世との断絶を目指した修道士たちにとって
ここ理想郷だったとか、、

階段を100段下って200段上り、一番大きな
メガロメテオロン修道院に入場しました。

お時間ぎりぎりでしたね!

お泊りはカランバカのホテルアマリアにて、
ご夕食はビュッフェで食べ放題!
でした。

メテオラ
メテオラ

ヤギの大移動
ヤギの大移動

────────────────────
 

3日目:10月5日/晴れ/11-26℃

デルフィへ向け8:00出発!

途中休憩でザクロジュースとゴマお菓子・
などご賞味いただきました。

睡眠導入剤のギリシャ神話の話でお休み
しながらデルフィへ。

ランチは Epikouros でギリシャ風前菜と
牛肉トマト煮(ハンバーグみたい)とギリシャ
ヨーグルトハニーをお召し上がりいただきま
した。

午後はギリシャ中部パルナッソス山麓にあった
ポリス(都市国家)のデルフィ観光

紀元前8~6世紀ころには全世界の中心
(へそ)と呼ばれ、予言の神アポロンが崇拝
されました。

神話ではゼウスが地平線の両端から2羽の鷲
を放ちその鷲が出会ったのがデルフィでそこ
が世界の中心とされたそうな。

ガイドのジョージアさんの素晴らしい日本語
案内でまず博物館へ。

アルカイックのほほえみの彫刻は忘れられま
せんね。

そして、紀元前4世紀の遺跡群へ。

縦60m・幅24mのアポロ神殿はプレイストスの
渓谷を背にそびえたつ姿は威厳にあふれてい
ました。

元気な方はそのさらに上の円形劇場と競技場
まであがっていただきました!


その後、アーモンドの木やオリーブの海を
みながらアテネに向けドライブ。

本日はシンダグマ広場すぐのアマリアホテル。

ご夕食はムサカ・子牛とお米みたいなパスタ
のグラタン・アイスでした。

食後には、1933年改修の国会議事堂
(オットー1世王宮)へホテルから徒歩2分で
衛兵交代式をみにいけるのは最高です!


夜の散歩や朝の散歩お楽しみ頂けました。

アルカイックスマイル
アルカイックスマイル

デルフィ遺跡
デルフィ遺跡

────────────────────
 

4日目:10月6日/晴れ/18-26℃

8:45発で百合子さんとピレウス港へ。

いよいよエーゲ海クルーズの始まりです。

セレスティアルにご乗船頂き、出港―避難訓
練―ランチと慌ただしくもワクワクなさいま
したでしょうか?

まずはエーゲ海の真珠とよばれるミコノス島
へ18時到着。

シャトルバスで移動し町へ歩いてカトミリの
風車
まで。

雲が多い中、途中で夕日をご覧いただけ
ラッキーでした。

1425年の変わった形のパラポルティアニ教会
とリトルベニスと言われる風景をお写真でぱ
ちり。

ご夕食は町で美味しいシーフードやお船で
ゆっくり、、

それぞれお楽しみいただきました。

エーゲ海クルーズへ
エーゲ海クルーズへ

ミコノス島
ミコノス島

────────────────────
 

5日目:10月7日/晴れ/16-25℃

7:00トルコのまだ暗いクシャダシ到着。

「ギュナイドンおはよう」と皆様の挨拶で
ガイドのセルチュクさんはテンション
マックス!


今日は世界遺産エフェソス遺跡へ。

上手な日本語で、紀元前2世紀にヘレニズム
都市として栄え、古代ローマ帝国の東地中海
交易の中心として栄えたなど、一生懸命ご案
内してくれました。

13時出港で神秘の島パトモス島へ。

テンダーボートでの下船でした。

ガイドのディアナさんと外人さんと共に観光
出発!

ドデカニサ諸島に位置するパトモス島は面積
34㎢、人口3000人弱の島です。

小さな島ですが使徒ヨハネがこの島で黙示録
を執筆したという事で有名な島です。

世界遺産のホーラの街へいき、ヨハネが神様
の啓示を受けたとされる洞窟へ、そして聖ヨ
ハネ修道院
ではちいさな聖アンナ礼拝堂
博物館では6世紀の美しいマルコの福音書の
断片やエルグレコ作のイコンなどご見学頂き
ました。

夜はBBQナイトでしたが風がつよくて
誰もいらっしゃいませんでしたね!(笑)

船内のショーやご夕食はいかがでしたか?

エフェス遺跡
エフェス遺跡

パトモス島
パトモス島

────────────────────
 

↓↓後編はこちらから ↓↓
https://hankyu-tabiselection.com/?p=5543

────────────────────
 

お身体にやさしいゆとりの旅
阪急交通社「クリスタルハート」
http://www.hankyu-travel.com/crystal/tyo-i/
お客様満足度 92.8%(2016年度上半期)

今回ご紹介したコースの日程など
詳しい情報はこちらから↓↓
http://www.hankyu-travel.com/crystal/tyo-i/tour/LE197/
────────────────────
 

三大特典付き!毎日届く!
読むだけで旅行が10倍楽しくなる!
メールマガジンにご登録ください!!
 

今すぐ登録して特典を受け取る!

メールマガジンの登録はこちらから

■特典─────────────────
1:海外旅行の知恵袋!
ベテラン添乗員2名のトークショー動画
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2:ベテラン添乗員72人に聞いた!
旅の本音アンケート大公開
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3:(非売品)元イタリア駐在員が語る!
パッケージツアーの見方が変わる小冊子
────────────────────

※当レポートは現在募集中のツアーと内容が異なる場合がございます。

関連記事

旅はもっと、おもしろい。

阪急交通社クリスタルハート

ありふれたツアーでは物足りない。思い出に残る旅がしたい。東京発クリスタルハート海外旅行は、そんなお客様の声にお応えいたします。イタリアやスペインなどヨーロッパから、アジア、南米まで豊富なツアーをご用意しております。

ご満足いただけるためのお約束 ※阪急交通社サイトへ遷移します。
ツアーに関するお問い合わせ・ご相談は
03-6745-1818
― 受付時間 ―
   月曜〜金曜 9:30〜17:30
土曜・日曜・祝日 9:30〜13:30