2連泊×3回!アルデンヌ地方では古城ホテルにご宿泊!美食・美酒を巡る ベルギー美しき村々8日間(前編)|ツアー添乗員レポート|クリスタルハート添乗員便り|2018年6月7日出発

阪急交通社ゆとりの海外旅行、
クリスタルハートの添乗員のレポートが
届きましたので、ご報告します。

↓↓後編はこちらから ↓↓
https://hankyu-tabiselection.com/?p=8117
 
■2018年6月7日出発
■添乗員/日髙 幾世(ひだか いくよ)
■コース番号:LE194
2連泊×3回!アルデンヌ地方では古城ホテルにご宿泊!
美食・美酒を巡る ベルギー美しき村々8日間
────────────────────
 

添乗員/日髙 幾世
添乗員/日髙 幾世

古城ホテルにご宿泊!

美食・美酒を巡るベルギー美しき村々8日間
にご参加いただきましてありがとうございま
す。

四国の1.5倍ほどという広さの、おとぎの国
のようなベルギー。

小さい国ですが、多言語でフランス語オラン
ダ語さらにはドイツ語圏も一部ある、そんな
ベルギーの小さな村を訪ねながらの8日間。

年間160日は雨というベルギーで思いのほか
お天気にも恵まれた旅となりました。

予報は連日、晴れ曇り雷雨となっていました
が、おかげさまで、ひどい雨にはあたらずに、
ツアーはすすんでいけました。

ベルギーでも特にフランドル地方は鐘楼、カ
リヨンの音色をきくことが多く、ギルドハウ
ス、市庁舎、聖堂の塔が目立つ街並み。

ワロン地方では、川と緑がおりなす丘陵地帯
が印象的でした。

この度のご参加と、ツアー中のご協力、本当
にありがとうございました。

────────────────────
 

1日目:6月7日

成田空港8:50集合、朝の早いご集合となりま
した。

ご参加18名様。

全日空231便にて、ベルギーの首都ブリュッセ
へ、約12時間のフライトです。

空港到着後はベルギー人のクリスティーンさ
んがお出迎えしてくれました。

空港駐車場工事などもあり、スーツケースを
持ちかなり長い所を歩いて頂いてしまいまし
た。

バスに乗り、約100kmのドライブで西フラン
ドル州のブルージュへ移動です。

渋滞をぬけるのに時間がかかり、途中ドライ
ブインで休憩をとりながら、今回のツアーの
最初の滞在先ブルージュへです。

運河の街、北のベニスなどと数々の言いまわ
しがありますが、ブルージュはブルッヘとも
よばれ「橋」の意味があります。

ホテル着後は、外はまだ明るくビアカフェや
ミニスーパーなど、出かけられた方も
いらっしゃいました。

ブルージュの街角
ブルージュの街角

運河沿いのブルージュ
運河沿いのブルージュ

────────────────────
 

2日目:6月8日

ホテルを8:30に出発し、ガイドの松本さんと
観光スタートです。

ブルージュの街並みを見ながらバス乗り場へ。

最初の訪問地となる、トゥルネーへ約1時間
のドライブです。

エノー州スヘルデ河畔の町で、中世にはタペ
ストリーと銀細工で知られたトゥルネー

街に入るところでまず、川沿いの写真。

2000年に世界遺産に登録された、ノートル
ダム大聖堂
は入り口に模型がありました。

ベルギー最古ともいわれる鐘楼は、階段が
257段あります。

午後はベルイユ城

土地の人々に愛されたリーニュ侯爵家の住
居。

リーニュ侯爵家は、マリーアントワネット、
ウィーン会議等と歴史の舞台に登場する
ファミリーでした。

あるじのヘンリーさんともご挨拶。

その後、山を意味する街モンスへ。

坂道を進み、聖ウォードリュ教会グランプ
ラス
へ。

夕飯は、ブルージュでフリー。

ムール貝、アスパラ、ワーテルズーイなど、
ホテルの周りはレストランも多く賑やかで
した。

トゥルネービール
トゥルネービール

ベルイユ城
ベルイユ城

────────────────────
 

3日目:6月9日

午前中はブルージュの街並み散策。

ご希望者とマルクト市庁舎聖血礼拝堂
魚市場〜まだ静かな運河沿いで記念写真。

小さな石橋を渡り聖母教会を散策していると、
チョコレート屋さんが開き始めました。

全員揃ってダムへのボートの旅。

ブルージュの北7kmにあるダムは、その昔
ブルージュの外港としてできた町。

もともとレイエ川でブルージュとつながって
いた所が直線化され、そのまっすぐな並木沿
いをボートがゆっくりと動いて行きます。

カフェと古本屋の街、犬が街のシンボルで、
あちこちに犬のロゴがみられます。

その後、レイエ川の真珠と呼ばれるオーイド
ンク城
へ。

ゲントの町を守る要塞として建てられたのが
はじまりで、現在はRoodenbeke家の所有、
庭園のみの訪問です。

夕食はブルッセルの星付きレストラン
VillaLorraineです。

フォアグラや、ハト、レモンケーキといった
メニューでした。

帰りがけに夕暮れの王宮の写真をとりながら、
ホテルへと戻りました。

オーイドンク城
オーイドンク城

VillaLorraineの食事
VillaLorraineの食事

────────────────────
 

4日目:6月10日

ブリュッセルのホテルを出てラーケン王宮
(現国王の居城)万博のモニュメントアトミ
ニウムを通りながら、大学都市ルーヴェンへ。

かつてのブラバント公国の首都。

今も大学とステラビールの街として知られま
す。

聖ペテロ教会では、ちょうどミサをやってい
ました。

石のレースといわれる壁龕の多い市庁舎。

そしてルーヴェンの小便小僧フォンスケ、学
問と酒を象徴して読書をしながら、ビールを
頭に流しているんだそうで、どこかカッパの
ようで可愛かったです。

その後、メッヘレンではHetAnkel醸造所へ。

14世紀の修道院が始めたビール作り、1873年
に今のオーナーファミリーが買い取りウイス
キーまで作るようになりました。

旧市街では、聖ロンバウツ大聖堂で、カリヨ
ンの音色も聞けました。

23年間ネーデルラントに君臨したマルガレー
タの像。

大酒飲みのオプシニョーケルは、ちょっと
ズッコケてましたが、町のマスコットに
なっていました。

ヘットアンケル醸造所
ヘットアンケル醸造所

メッヘレン オプシニョーケルと大聖堂
メッヘレン オプシニョーケルと大聖堂

────────────────────
 

↓↓後編はこちらから ↓↓
https://hankyu-tabiselection.com/?p=8117

────────────────────
 

お身体にやさしいゆとりの旅
阪急交通社「クリスタルハート」
http://www.hankyu-travel.com/crystal/tyo-i/
お客様満足度 91.2%(2017年度下半期)

今回ご紹介したコースの日程など
詳しい情報はこちらから↓↓
http://www.hankyu-travel.com/tour/search_i.php?p_course_id=LE194&p_hei=10
────────────────────
 

※当レポートは現在募集中のツアーと内容が異なる場合がございます。

関連記事

旅はもっと、おもしろい。

阪急交通社クリスタルハート

ありふれたツアーでは物足りない。思い出に残る旅がしたい。東京発クリスタルハート海外旅行は、そんなお客様の声にお応えいたします。イタリアやスペインなどヨーロッパから、アジア、南米まで豊富なツアーをご用意しております。

ご満足いただけるためのお約束 ※阪急交通社サイトへ遷移します。
ツアーに関するお問い合わせ・ご相談は
03-6745-1818
― 受付時間 ―
   月曜〜金曜 9:30〜17:30
土曜・日曜・祝日 9:30〜13:30