「ソフィアホテルバルカン(旧シェラトン)」に泊まる ブルガリア・バラ祭りとルーマニア10日間(前編)|ツアー添乗員レポート|クリスタルハート添乗員便り|2017年6月1日出発

阪急交通社ゆとりの海外旅行、
クリスタルハートの添乗員のレポートが
届きましたので、ご報告します。
↓↓後編はこちらから ↓↓
https://hankyu-tabiselection.com/?p=3460
 
■2017年6月1日出発
■添乗員/牧元 久仁子
■コース番号:LE167
「ソフィアホテルバルカン(旧シェラトン)」
に泊まる ブルガリア・バラ祭りとルーマニア
10日間
────────────────────
 

イメージ
添乗員/牧元 久仁子(まきもと くにこ)

この度はブルガリア・バラ祭りとルーマニア
10日間のご旅行にお申込みいただきまして、
誠に有難うございました。

現地では何度か雨に降られたり6月上旬にし
ては非常に暑く30度近い日が続いたりしま
したが、バラ祭りや主な観光地では快晴に
恵まれ、賑やかなお祭りや街並みや、馬車の
走るのどかな風景等をご覧いただきました。

バラ祭りでは、ダマスクローズの華やかな
香りを実際に畑に入って摘んで嗅いでいた
だきました。

バラの研究所での袋にぎゅうぎゅう詰めに
なったバラの花といった普段なかなかお目
にかかれない風景や、刺繍に彩りも華やか
な民族衣装のパレード等もお目に留まった
と思います。

これからはバラの香りをかぐたびに、あの
風景が頭に浮かぶのではないでしょうか。

バラの香りに包まれて、ぜひ思い出して
ください。

10日間大変お世話になり、
誠に有難うございました。

────────────────────
 

1日目:6月1日

初日は全国各地より羽田空港国際線ターミナル
へお集まりいただき、ルフトハンザドイツ航空
LH715便にてドイツ南部のミュンヘンへまず
向かいました。

ミュンヘンへは順調に早めの到着。

乗り継ぎに2時間弱お待ちいただいた後、
同じくルフトハンザのLH1706便にて
ブルガリアの首都ソフィアへ向かいました。

空港ではガイドのSvobodaさん
(愛称ボビーさん)がお出迎え。

ドライバーはフリストさんとのコンビで
国境までの5日間ご案内いたしました。

ホテルは街の真ん中のベストロケーション
にあるクラシカルな老舗ホテル
「バルカンホテル」(旧シェラトン)に
2連泊です。


途中、ライトアップされたソフィア大学
国会議事堂等もご覧いただけました。

────────────────────
 

2日目:6月2日/晴れ/27℃

2日目はソフィアから南西部へ2時間走り、
途中コウノトリをご覧いただきつつ、リラ
山脈の山中に佇む世界遺産「リラの僧院
へご案内しました。

リラの僧院はオスマントルコ時代も生き
残った10世紀創建の由緒あるブルガリア
正教の修道院
ですが、建物は19世紀の火事
で焼けた後に再建されたものとなっています。

ご昼食は僧院近くのレストランGorski Kat
にて名物マスのグリル。

午後はソフィアに戻り、ヴィトーシャ山の麓
に建てられ、10・13世紀の素晴らしいフレス
コ画が残る世界遺産のボヤナ教会見学。

その後いったんホテルに戻ってご休憩。

ホテルそばの繁華街へお買い物や散策など
お出かけの方々もいらっしゃいました。

ご夕食はこちらもヴィトーシャ山麓の森の中
にあるレストランVodenitsataにて、民族
舞踊とともにお楽しみいただきました。

最後は外で熾り火の上を歩く火渡りの踊り
もありました。

リラの僧院
リラの僧院

リラの僧院外部壁画
リラの僧院外部壁画

────────────────────
 

3日目:6月3/一時雷雨/23℃

朝はまずソフィアの市内観光へご案内。

ホテルが中心街にありますので何度もバスで
前を通った辺りですが、アレクサンドル・
ネフスキー寺院
、その横手の聖ソフィア教会
戦争の慰霊碑ロシア正教会旧王宮の国
立美術館
国民劇場、衛兵のいる大統領府
ホテルの中庭にある市内最古の聖ゲオルギオ
ス教会
旧共産党本部、古代ローマ時代のセ
ルディカと呼ばれた街の城門等地下遺跡
ペトカ地下教会
ハリ市場とご案内しました。

観光後バスで東へ向かいコプリフシティツァへ。

山中の羊毛・絨毯等の商人の町として栄え、
立派な19世紀のお屋敷が残っています。

Bastina Kashtaにてポークシチューと
名物ブルガリアヨーグルトのご昼食後は、
豪商リュートフ邸の入場見学へご案内し、
プロブディフへ。

旧市街とローマ劇場円形闘技場跡へご案内
し、パークホテル・サンクトペテルブルグに
お泊りでした。

名物ヨーグルトとさくらんぼ
名物ヨーグルトとさくらんぼ

リュトフの家
リュートフ邸

────────────────────
 

4日目:6月4日/快晴/29℃

本日はいよいよバラ祭り。

まずはバラの谷の中心地カザンラク近郊の
バラ畑で、香りが失せないうちに朝のうちに
バラ摘み。

畑では華やかな刺繍の民族衣装を着た女性達
による歓迎の踊りも。

その後は大統領訪問中のため渋滞の市内を
抜けてバラの研究所で、製品の説明や試食、
バラの蒸留タンクや古い器具の展示等ご覧
いただき、最後はお買い物タイム。

次に世界遺産のトラキア人墳墓へご案内
してから、バラのパレードへ。

席にはチケットのない人が勝手に座っており
少々お待たせいたしましたが、パレードのす
ぐ際のお座席でご覧いただけました。

ご昼食は民族舞踊も楽しめるレストランにて
ブルガリア名物料理のビュッフェ。

午後はシプカ峠を越えて、古都ヴェリコ・
タルノボ
ツァラベツの丘の王城と旧市街の
旧市場通りチャルシャへご案内。

お泊まりは共産党時代にはエリート幹部専用
のホテルだったアルバナシパレスです。

バラ祭りパレード
バラ祭りパレード

魔除けの踊り
魔除けの踊り

────────────────────
 

5日目:6月5日/晴れ/29℃

本日はいよいよブルガリアを離れルーマニア
へ渡りますが、最後に世界遺産のイヴァノ
ヴォ岩窟教会
へご案内しました。

こちらはロム川沿いの渓谷の洞窟に掘られた
教会群で、5つ現存するうちのひとつ、生神
女(聖母)教会
へご案内しました。

14世紀の壁画が残り、帰りにはロム川渓谷の
眺めも青々ときれいでした。


国境のドナウ河畔ルセの町のANNA PALACE
HOTELでご昼食の後、ドナウ川を越えて
ルーマニアへ入国です。

ボビーさん&フリストさんとお別れし、
マリウスさんとエウレルさんがお出迎え。

バスを乗り換えブカレストの市内を抜けて、
ホテルPullmanへ向かいました。

お夕食はフリーのため、ホテルそばの18階
展望レストランLounge 18へご案内しました。

イヴァノヴォ岩窟教会
イヴァノヴォ岩窟教会

プルマンホテルとブカレスト
プルマンホテルとブカレスト

────────────────────
 

↓↓後編はこちらから ↓↓
https://hankyu-tabiselection.com/?p=3460

────────────────────
 

お身体にやさしいゆとりの旅
阪急交通社「クリスタルハート」
http://www.hankyu-travel.com/crystal/tyo-i/
お客様満足度 92.8%(2016年度上半期)

今回ご紹介したコースの日程など
詳しい情報はこちらから↓↓
http://www.hankyu-travel.com/crystal/tyo-i/tour/LE167/
────────────────────
 

三大特典付き!毎日届く!
読むだけで旅行が10倍楽しくなる!
メールマガジンにご登録ください!!
 

今すぐ登録して特典を受け取る!

メールマガジンの登録はこちらから

■特典─────────────────
1:海外旅行の知恵袋!
ベテラン添乗員2名のトークショー動画
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2:ベテラン添乗員72人に聞いた!
旅の本音アンケート大公開
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3:(非売品)元イタリア駐在員が語る!
パッケージツアーの見方が変わる小冊子
────────────────────

※当レポートは現在募集中のツアーと内容が異なる場合がございます。

関連記事

旅はもっと、おもしろい。

阪急交通社クリスタルハート

ありふれたツアーでは物足りない。思い出に残る旅がしたい。東京発クリスタルハート海外旅行は、そんなお客様の声にお応えいたします。イタリアやスペインなどヨーロッパから、アジア、南米まで豊富なツアーをご用意しております。

ご満足いただけるためのお約束 ※阪急交通社サイトへ遷移します。
ツアーに関するお問い合わせ・ご相談は
03-6745-1818
― 受付時間 ―
   月曜〜金曜 9:30〜17:30
土曜・日曜・祝日 9:30〜13:30