添乗員便り~クロアチアより愛をこめて 5/5

6日目
9月21日/晴れ/25℃
世界遺産・ディオクレティアヌス宮殿スプリットのは295年から10年かけて、ローマ皇帝ディオクレティアヌスが皇帝を退位した後生活するために建てた宮殿です。ディオクレティアヌスはこの宮殿で305年からの10年間住み天寿を全うしました。
ローマ帝国時代が終わると混乱の時代で、街を追われて逃げてきた人々が宮殿に住みつき、宮殿の上に街ができているおもしろい街です。
とても美しい青い海と温暖な気候、空気がきれいなこの土地はディオクレティアヌスが老後のんびりすごすのには最適だったことでしょう。私達も当時のディオクレティアヌス帝のように宮殿のバルコニーを歩きました。
ダルマチアの伝統音楽クラッパをアカペラで聞いていただき、本日はディオクレティアヌスが登場するパフォーマンスをみていただきました。お昼はフリー食だったのでイカスミリゾットを皆様一緒に食べに行きました。
ドブロヴニクまでの道はアドリア海の素晴らしい景色を眺めながらのドライブでした。夕食はホテルから徒歩で行ける城壁のみえるレストランにて手長エビをお召し上がりいただきました。
61.jpg
スプリットにてローマ帝国時代の皇帝の宮殿の地図
62.jpg
ディオクレティアヌス皇帝のパフォーマンス
7日目
9月22日/晴れ/25℃
朝1番に412mのスルジ山の頂上へケーブルカーで登りました。混んでいましたが上に登ると緑の島々や世界遺産・ドブロヴニクの旧市街のオレンジ色の屋根、青い海、行きからボートの景色等が素晴らしく感動しました。
ここならモンテネグロの国境まで車で約1時間、ボスニアヘルツェコビナの国境まで約20分で行くことができ昔からここは文化の接点でした。にもかかわらず、ナポレオンに攻められるまで、ここは独立共和国でした。
ドブロヴニクは時代によって変化する周りの国々の情況を早いうちから読み取り、常に1番強い国に年貢を収める変わりに保護国となってもらい自由を得てきました。
ドブロヴニクの城壁は13世紀からたえまなくお金をおしまず補強しつづけてきた賜物で、自分達の国と自由は何がなんでも守り通す!!という昔からのドブロヴニクの人々の思いが伝わってくるような素晴らしいものでした。
その城壁をみな様歩いて一周していただきました。ご夕食はフリー食でしたが10名様みな様参加していただきご一緒にイカのグリルやタコやイワシのマリネ等お召し上がりいただきました。
71.jpg
ドブロヴニク 城壁の上から
72.jpg
ドブロヴニク スルジ山から
8日目
9月23~24日/晴れ/25℃
最終日帰国日はなごりおしくなりましたね。ドブロヴニクの最後の景色を途中の展望台からお写真におさめていただきました。みな様の今回の旅行はいかがでしたでしょうか?
印象に残る忘れられない旅になったとのお言葉どおり、変化にとんだ自然の美しさとスロベニア・クロアチアの人々のあたたかさ、食事、そして歴史を通して様々なものをみたり、感じたりしていただきました。
最後にみな様には本当にお世話になり、ありがとうございました。
81.jpg
てるてるぼうず(皆様に顔を書いていただきました)
82.jpg
最後のドブロヴニク

関連記事

旅はもっと、おもしろい。

阪急交通社クリスタルハート

ありふれたツアーでは物足りない。思い出に残る旅がしたい。東京発クリスタルハート海外旅行は、そんなお客様の声にお応えいたします。イタリアやスペインなどヨーロッパから、アジア、南米まで豊富なツアーをご用意しております。

ご満足いただけるためのお約束 ※阪急交通社サイトへ遷移します。
ツアーに関するお問い合わせ・ご相談は
03-6745-1818
― 受付時間 ―
   月曜〜金曜 9:30〜17:30
土曜・日曜・祝日 9:30〜13:30