まだ見ぬ絶景に出会うスペイン探訪10日間(前編)|ツアー添乗員レポート|クリスタルハート添乗員便り|2018年12月19日出発

阪急交通社ゆとりの海外旅行、
クリスタルハートの添乗員のレポートが
届きましたので、ご報告します。

↓↓後編はこちらから ↓↓
https://hankyu-tabiselection.com/?p=10842
 
■2018年12月19日出発
■添乗員/石原 啓江(いしはら ひろえ)
■コース番号:LE102
まだ見ぬ絶景に出会うスペイン探訪10日間
────────────────────
 

添乗員/石原 啓江
添乗員/石原 啓江

この度は阪急交通社クリスタルハート
12月19日ご出発 LE102 『ANA利用 まだ見ぬ
絶景に出会うスペイン探訪10日間』にご参加
いただき、誠にありがとうございます。

ご一緒させて頂きました、添乗員の石原啓江
です。どうぞよろしくお願いします。

スペインはイベリア半島の7割を占める、面積
50.6平方キロメートルに人口5000万人。

古代からさまざまな民族と文化が交差してき
ました。

首都のマドリッドをはじめバルセロナ、コル
ドバ、セビリャ…と、各地方や街ごとに独特
な個性を持っています。

特に8世紀にわたりイベリア半島を支配したイ
スラム教徒の影響は大きく、今でもその痕跡
は建築や芸術で感じられます。

そんな素晴らしい国スペインをご案内させて
いただきます。

どうぞお楽しみに!

────────────────────
 

1日目:12月19日/晴れ/16℃

クリスマスの飾りがされた羽田空港へ11名の
お客様にご集合頂きました!

本日から10日間、どうぞよろしくお願いしま
す。

羽田空港ではラウンジやお買い物などでお寛
ぎいただけましたでしょうか?

ANA(全日空)ビジネスクラスでドイツの空の
玄関口フランクフルトマイン国際空港へ。

12時間の長いフライト、大変お疲れ様でし
た。

フランクフルトでは、乗り継ぎ時間がやや短
く焦りましたが、皆様のご協力のお陰で無事
にマドリッド国際空港に到着。

日本からスペインは8時間の時差があり、到着
の頃は真夜中。

明日からの観光に備え、ゆっくりお休みくだ
さい。

明日はプラド美術館から見学です。

フランクフルト国際空港
フランクフルト国際空港

────────────────────
 

2日目:12月20日/晴れ/18℃

今日は観光初日です。
まずはプラド美術館から見学です。

三大巨匠、エルグレコ、ベラスケス、ゴヤの
作品を鑑賞しました。

ベラスケスの「ラスメニーナス(宮廷女官た
ち)」は門外不出の作品。
ここに来なければ鑑賞できません。

今日は私たちだけの貸切状態。
遠近法もしっかり理解できました。

もう一つの美術館、国立ソフィア王妃芸術
センター
も見学。

ここにはピカソの大作「ゲルニカ」が展示
されています。

スペイン市民戦争に介入したナチスドイツが
バスク地方にある村ゲルニカに無差別爆撃し
た出来事を主題とした作品です。

昼食は魚介のパエリア。
お米はイスラム教徒によりスペインに伝わっ
たとか。

昼食後はセコビアへ。

ここは古代から繁栄した街で、セコビア旧市
街とローマ遺跡は世界遺産に登録されていま
す。

水道橋は町のシンボル!
ど真ん中に今でも建っています。


ディズニーの白雪姫のお城のモデルにもなっ
た「アルカサル」も見学しました。

ヘロニモス教会
ヘロニモス教会

ランチレストラン
ランチレストラン

────────────────────
 

3日目:12月21日/晴れ/14℃

今朝はトレドへ出発です。

かつての西ゴート王国の首都であり、中世に
はイスラム、ユダヤ、キリスト教の文化が交
わる町でした。

三方をタホ川に囲まれた旧市街は世界遺産に
登録されています。

ここではスペインのキリスト教カトリック総
本山である大聖堂を見学しました。

1493年に完成したゴシック様式の建物で、木
彫りの主祭壇ではキリストの生涯20場面が描
かれています。

美しいステンドグラスはなんと750枚!
壮大なスケールと美しさに圧倒されます。


そしてこの街で活躍した画家、エルグレコの
最高傑作が残るサントトメ教会へ。

老廃していた教会をオルガス伯爵が私財を投
じ再建しました。

彼のお葬式で起こった奇跡を題材にしたエル
グレコの作品です。

展望台からはパノラマ写真も撮りました。

美しいクリスマスのイルミネーションの中、
数名の方とご夕食へ。

明日はアンダルシアへ向かいます!

トレド大聖堂
トレド大聖堂

トレドクリスマスイルミネーション
トレドクリスマスイルミネーション

────────────────────
 

4日目:12月22日/晴れ/22℃

今日はスペインの新幹線AVEでコルドバへ。

イベリア半島のフライパンと呼ばれるアンダ
ルシア州のコルドバ

到着後の日差しは冬とは思えないほど強く驚
きました。

メスキータとはスペイン語でモスクの意味で
アラビア語に由来します。

本来は有り得ない、イスラム教のモスクの中
にキリスト教の大聖堂がある珍しい建物で
す。

無数の柱が連立する様子や、その上に連なる
赤と白の縞々のアーチには圧倒されます。

イスラム教のお祈りの時間を伝える塔ミナ
レットはキリスト教の鐘楼と変わりました。

見学後少しユダヤ人街を歩きながら花の小径
へ。

白壁の建物と中庭の装飾がいかにも太陽の街
アンダルシアを感じさせます。

セビリャでは万博会場のスペイン広場や大聖
堂、サンタクルス地区を散策。

オレンジの木にたくさんの実がついていて、
思わず食べたくなるー!


夕食の後はフラメンコへ。

長い一日、お疲れさまでした。
明日はイギリス領、ジブラルタルへ!

スペイン広場
スペイン広場

アルカサール
アルカサール

────────────────────
 

5日目:12月23日/晴れ/23℃

今日は国境を越えて英国領ジブラルタルへ。

北緯36度。
イベリア半島の南東端に突き出した小半島で
す。

まずはヨーロッパポイントへ。

ここから見えるジブラルタル海峡を挟んだ向
こう側はアフリカ大陸です。
今日はしっかり見えました。

その後、海抜426メートルの展望台へ。

ロープウェイも空いており、凶暴なサルも今
日はおとなしく一安心。

ジブラルタルには、世界でも珍しい、滑走路
を横断できる国際空港もございます。

あっという間にジブラルタルの見学も終わ
り、スペインに戻りました。

ランチはサービス満点のレストラン。

お腹いっぱいになり、お泊まりのロンダへ。

標高723メートルのところに位置する街は近代
闘牛の発祥の地。

18世紀に現在の闘牛のスタイルを確立しまし
た。

今日は闘牛場も見学。
その後ヌエボ橋まで散策。

少しフリータイムを取り、夕食は全員で名物
トマトを頂きました。

美味しかったですね!!

ジブラルタルのサル
ジブラルタルのサル

ヌエボ橋
ヌエボ橋

────────────────────
 

↓↓後編はこちらから ↓↓
https://hankyu-tabiselection.com/?p=10842

────────────────────
 

お身体にやさしいゆとりの旅
阪急交通社「クリスタルハート」
http://www.hankyu-travel.com/crystal/tyo-i/
お客様満足度 91.2%(2017年度下半期)

今回ご紹介したコースの日程など
詳しい情報はこちらから↓↓
http://www.hankyu-travel.com/tour/search_i.php?p_course_id=LE102&p_hei=10
────────────────────
 

三大特典付き!毎日届く!
読むだけで旅行が10倍楽しくなる!
メールマガジンにご登録ください!!
 

今すぐ登録して特典を受け取る!

メールマガジンの登録はこちらから

■特典─────────────────
1:海外旅行の知恵袋!
ベテラン添乗員2名のトークショー動画
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2:ベテラン添乗員72人に聞いた!
旅の本音アンケート大公開
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3:(非売品)元イタリア駐在員が語る!
パッケージツアーの見方が変わる小冊子
────────────────────

※当レポートは現在募集中のツアーと内容が異なる場合がございます。

関連記事

旅はもっと、おもしろい。

阪急交通社クリスタルハート

ありふれたツアーでは物足りない。思い出に残る旅がしたい。東京発クリスタルハート海外旅行は、そんなお客様の声にお応えいたします。イタリアやスペインなどヨーロッパから、アジア、南米まで豊富なツアーをご用意しております。

ご満足いただけるためのお約束 ※阪急交通社サイトへ遷移します。
ツアーに関するお問い合わせ・ご相談は
03-6745-1818
― 受付時間 ―
   月曜〜金曜 9:30〜17:30
土曜・日曜・祝日 9:30〜13:30