まだ見ぬ絶景に出会うスペイン探訪10日間(前編)|ツアー添乗員レポート|クリスタルハート添乗員便り|2018年3月1日出発

阪急交通社ゆとりの海外旅行、
クリスタルハートの添乗員のレポートが
届きましたので、ご報告します。

↓↓後編はこちらから ↓↓
https://hankyu-tabiselection.com/?p=7271
 
■2018年3月1日出発
■添乗員/佐野 典子(さの のりこ)
■コース番号:LE102
まだ見ぬ絶景に出会うスペイン探訪10日間
────────────────────
 

添乗員/佐野 典子
添乗員/佐野 典子

10日間のスペインツアー、ご夫婦3組、計6名
様にご参加頂きました。

少人数と言う事もあり、何をするにも非常に
スムーズでした。

初日に飛行機の欠航、ロストバゲージのアク
シデントがあり、また現地では季節の変わり
目と言う事もあり、何度か雨に降られてしま
い、ストライキもありました。

不可抗力なもどかしさ、自然の驚異を感じま
した。

それでも、無事にツア-を楽しく終われたの
も皆様のご理解、ご協力のおかげです。

本当にありがとうございました。

世界で最も観光客が訪れる国ランキング3位
のスペイン、常に上位にランクインされる国
ですが、今回ほんの一部を皆様にご覧頂きま
した。

スペインは、本当にリピーターの方が多い国
です。

皆様是非とも再度、スペインに足をお運び下
さい。

またきっと違うスペインが見えてくるはずで
す。

その際は、是非とも弊社阪急交通社、クリス
タルツアーのご参加で(^^)/また暖かい笑顔
の皆様とお会いできます日を、心よりお待ち
申し上げております。

最後に、この度は、数ある旅行会社から弊社
をお選び頂き、誠にありがとうございました。

心よりお礼申し上げます。
MUCHAS GRACIAS!!

────────────────────
 

1日目:3月1日

日本航空さんの深夜便利用、出発時間がかな
り遅れ、4時15分に出発しました。

機内ではすぐに消灯となったのではないで
しょうか・・・。

日本航空さんのビジネスクラスのフルフ
ラットのお席でごゆっくりお休み頂けました
ましたでしょうか?

アッと、言う間の(?)12時間で、6時25分
にロンドン到着、日本との時差はマイナス
9時間。

6名様と言う少ないグル-プでのツアース
タ-トとなりました。

外は雪がちらついていました。

羽田空港で頂いた、ロンドンからマドリード
までの搭乗券を機械にかざすと、ゲ-トが開
かず、係員からのまさかの言葉が・・・。

この便は、フライトキャンセルです・・・。
理由は、雪の影響です、と・・・。

クヨクヨしている時間はありません!
すかさず、変更便の手配をする為、長蛇の列
のカウンタ-へ並び、JALさんのステータス
カードをお持ちのお蔭で、一般の列ではない、
少々列の短いステータスレーンに並び直す事
が出来ました!

それでも順がくるまで、お時間かかりました
ね・・・。

やっとの事で、同日便を手配でき、その新し
い搭乗券で、厳しいセキュリティーチェック
を通り、搭乗エリアへ。

急いでゲートへむかい、飛行機に飛び乗りま
した。

定刻10時40分が、機体が凍ってしまい、溶か
す作業の為に11時45分に離陸しました。

約2時間30分でマドリードへ到着しました。

シェンゲン協定内の乗り継ぎでは、スペイン
の入国スタンプを押してもらえませんが今回
は、イギリス乗り継ぎだった為、スペインの
スタンプを押してもらいましたね。

その後、スーツケースが流れてくるターン
テーブルへ向かいましたが、何度もロンドン
でスーツケースの事を確認したにもかかわら
ず、スーツケースはで出てきませんでした。

ヒースロー空港でのロストバゲージは有名な
ので、しかも欠航になっている事もあり、
予測はしていたのですが・・・。

少し可能性にかけてみたかったのですがダメ
でした。

マドリードでは、優先レーンも関係なしの状
況で、皆様にもご協力頂き、お並び頂いてし
まいました。

本当に助かりました!
ありがとうございました。

やっとの事で、紛失証明書類を作成してもら
い、お客様の元へ戻ると、かなりお疲れのご
様子・・・。

無理もありませんよね。

皆様でお話しして頂き、本日の観光は、翌日
へ回す事に。

マドリード連泊でよかったです。

バスでプリンセサホテルへ。

チェックインを済ませ、すぐお隣のエルコル
テイングレスデパートへ必要な物のお買い物
へ。

慣れない海外でのお買い物。

お土産ではなく、初日からまさかの日用品の
お買い物、想像もしていなかったのではない
でしょうか。

ユニクロでもありましたら、短時間でお買い
物も終了したと思うのですが・・・。

ですが皆様、しっかりした保険にご加入され
ていたおかげもあり・・・。

ご帰国後に保険会社へきちんとご連絡されま
したでしょうか・・・。

実は、わたくし、ロンドンにいる時点で、ロ
ストバゲージになる可能性高しと、保険会社
に、問い合わせしておりました。

お買い物1本勝負?も終わりバスで、レスト
ランSIRENA VERDEへ。

賑やかなグランビア通りにある、シーフード
の美味しいレストランです。

スペインで今回のツアーでの初めてのお食事、
タコとアスパラのミックスサラダ、スズキの
グリル、チーズケーキをお召し上がり頂き、
その後ホテルへ・・・。

長い長い、3月1日もやっと終わりを迎えまし
た!!

皆様、初日から本当にお疲れ様でした。(泣)

桜ラウンジ
桜ラウンジ

ロンドンへむけて羽田空港搭乗口。
ロンドンへむけて羽田空港搭乗口。

────────────────────
 

2日目:3月2日/雨→晴れ/4〜12℃

本日から、本格的にマドリード観光スタート。

まずは、朝9時にホテルを出発し、ガイドの
ナタリアさんと一緒にトレド観光

残念ながら雨が降っていました。
まずは、ソコドベール広場へ。

こちらは、イスラム時代市場が開かれていた
場所でした。

近くには、アルカサールもありました。

スペイン名物、JAMONハモン屋さんへ入りな
がら、スペインのカテドラルの総本山である、
トレドの大聖堂へ。

市庁舎広場からお写真をお撮り頂き、ガイド
ブックを販売しているホセさんから大聖堂を
上空から見ると、本当に十字の形をしている
と言うお写真を見せて頂き、大聖堂の中へ。

内部では、聖体顕示台、約750枚のステンド
グラス、聖歌隊席、キリストの生涯が彫られ
ている主祭壇、聖具室では、エル・グレコが
初期に描いた傑作、キリストの聖衣剥奪や、
ゴヤやティッチアーノの作品をご覧頂きまし
た。

途中、トレドの銘菓であるマサパンの老舗、
サントトメでマサパンのお買い物をお楽しみ
頂き、トレドの忘れてはならない観光ス
ポットの1つである、サントトメ教会内部の
エル・グレコの描いた、オルガス伯爵の埋葬、
をご覧いただきました。


その後、ユダヤ人街を通り長いエスカレー
ターを利用し、バスへ戻り、トレド全景の
お写真が納められるお写真スポットへ。

この時は雨が止んでくれましたね!

その後マドリードへ戻り、スペインと言えば!
のお料理でもあります、シーフードパエー
ジャをARROCERIA LA DANIELAでお召し上
がり頂きました。

美味しかったですね!!!

最後におこげもそぎ取ってもらって・・・。
(笑)

パエ-ジャはもともとバレンシア地方のお料
理。

アルブフェラ湖と言う湖近郊が、スペイン
きっての米所という事も言う事もあり、店内
には、日本の田園風景を思わすお写真が飾ら
れていました。

食後はフリ-タイムの予定でしたが、昨日の
観光をして頂き、まずはガイドのタナベさん
とお会いし、コースには入っていませんでし
たが、スペイン広場でお写真を撮り、お待ち
かねのプラド美術館へ向かいました。

そちらで、現地ガイドのハビエルさんと合流
し、内部のご見学をして頂きました。

ご見学後、外へ出ると晴れ間が!!

これこそスペインの太陽!
と言った感じでした。


お次は、ピカソの作品ゲルニカが展示されて
いる、国立王妃芸術センターへ。

内部のご見学はいかがでしたでしょうか?
ご見学後も晴天でしたね!

ただ皆様が内部のご見学中、外は豪雨だった
んですよ。

アトーチャ駅前でタナベさんとお別れし、ホ
テルへ。

ホテル到着後、ホテルスタッフから、スーツ
ケースが届いています!との朗報が・・・。

ただ、ここはスペイン、自身の目で確認する
までは、喜べない。
と言う事で、皆様にご確認して頂きました。

お部屋へお伺いさせて頂いたところ、皆様お
手元に届いており、しかもスーツケースの破
損もなく、一安心でした!!

昨日のお疲れ、また翌日のフラメンコの
POWER温存、久々のスーツケースとの再会
で?お部屋でゆっくりなさる方、近くのバル
へ行かれる方と様々でしたね。

念願の?スペイン風オムレツ、アヒージョの
お味はいかがでしたでしょうか?

この日からは、ご自身でご準備された
パジャマでゆっくりお休み頂きました。

トレドのミラドールにて
トレドのミラドールにて

王妃芸術センターにて、エレベーターで2階へ。外からのお見送り。
王妃芸術センターにて、エレベーターで2階へ。外からのお見送り。

────────────────────
 

3日目:3月3日/晴れ→くもり→雨/16℃

本日からは、南スペインの田舎巡りの旅へ。

週末と言う事で、AVE(高速列車)1等内の
機内サービスの提供がない為、構内で和食の
お弁当をお渡しさせて頂きました。

乗車前にAVEの前でお写真を収めて頂き、出
発のベルのない、10時発のセビージャ行きに
乗車し、車窓からはラマンチャの赤茶けた大
地、広大なオリーブ畑の風景、また車内では、
スペイン人達の遠慮のない大きな声での会話
を耳に(会話の内容は、早々と夏のバカンス
のお話しでした)、アッという間にコルドバ
へ。

11時45分着。
そして、バスへ。
ドライバーは、パコさん。

グアダルキビル川沿いでバスを降り、コルド
バの大聖堂である、メスキータへ。

イスラム時代にはコルドバには首都が置かれ
ており、メスキータは、モスクとして利用さ
れていました。

モスクを取り壊さず、その中に大聖堂を造る
と言う、他に類を見ない建造物でしたね。

花の小径、ユダヤ人街を散策し、雨もすっか
りやみ、ゆっくりとしたお時間の中、ご観光
して頂きました。

その後バスで約2時間、またスペイン三大祭
りの一つである春祭りが有名な、セビージャ
へ。

まさかのスペイン広場CLOSE。

ここ数日の嵐の為に、広場内の木々が倒れ危
険。
と言う安全上の理由でした。

気を取り直し、車窓から1929年イベロアメリ
カ博覧会の際に利用されたいたパビリオンや、
オペラカルメンで有名な、タバコ工場をご覧
頂きながら、セビージャの街も流れている、
グアダルキビル川沿いの黄金の塔近くでバス
を降り、街中へ。

まず視界に入ってきたのは、世界で四番目の
規模のあるセビージャの大聖堂でした。

今回は、スペイン広場へ入れなかった為に、
特別内部入場へご案内させて頂きました。

ヒラルダの塔、アルカサールをご覧頂きなが
ら、サンタクルス(ユダヤ人)街へ。

少しフリ-タイムをお取し、お買い物やマラ
ガと言う名前の付いた、アイスクリームをお
召し上がり頂きました。

レ-ズンの粒が大きくて、おいしかったです
ね!

そして、ホテルマカレナへ。

さて今晩は、フラメンコへ行く夜遊びナイト
です!


チェックインを早々と済ませ、ホテルを出発。

セビージャいやスペイン全土、世界でも名の
通っている歴史あるフラメンコ会場(タブラ
オ)EL ARENALへ。

まずは、創作タパス(小皿料理)のお食事を
お召し上がり頂き、その後、ショーがスター
ト。

迫力のあるダンスでした。

最後は、セビージャの春祭りの際に踊られて
いる、セビジャーナスの踊りで締めでした。

1時間半のノンストップのショーに、眠る暇
もなかったのではないでしょうか・・・(笑)

今回はショー会場でのお食事だった為、早い
時間のショーを見学でき、早めにホテルへ戻
りごゆっくりして頂けました。

熱気冷めやらぬ、で、なかなか寝付けな
かったでしょうか?

コルドバ花の小径にて。
コルドバ花の小径にて。

セビージャ大聖堂内、コロンブスのお墓参り。
セビージャ大聖堂内、コロンブスのお墓参り。

────────────────────
 

4日目:3月4日/雨→晴れ→くもり/16℃

本日は、少々早いお時間でのご出発。

昨日までのバスのマイクの調子が悪かった事
もあり、この日から大型バスに!

セビージャを出発し、本日の第一目的地であ
る、ジブラルタルへ。

途中高速道路沿いには、闘牛になる為の牛が
放牧されていましたね。

皆様は、お土産屋さんで、イチジクなどをご
購入されていましたね。

その後1時間弱でジブラルタルへ。

バスを降り、歩いて国境を越えました。

まずは、スペイン側の出国審査→その後、
イギリス側の入国審査。

パスポートさえも見ないと言う非常に簡単な
ものでした。

これは、日本のパスポートの力が強いおかげ
かと思います。

ジブラルタルは、金融、観光で栄える経済大
国。

失業率が非常に高いお隣スペインから毎日、
約7千人が働きにくる、との事でした。

まず車でむかったのは、ヨーロッパポイント
と言う、右に大西洋、左に地中海、そして正
面にはアフリカ大陸が見渡せるポイントでし
た。

お次はケーブルカー(ロープウェイ)に乗り、
山側からの景色をお楽しみ頂きました。

先程までの雨が嘘のような素晴らしいお天気、
絶景でした!


ですが、こちらで皆様を待ち構えておりまし
たのは、野生のおサルさん。

本当に強暴で、観光客によくよく悪さをし、
被害が後を絶たないようです。

ですが、皆様のチラ見程度のよそよそしさ
に?おサルも反応なかったですね~!

ジョンさんのバスへ戻り、ジブラルタル空港
近くへ向かい、再度同じルートパスポートコ
ントロールを通過し、パコさんのバスへ戻り
ました。

そして、食堂風のレストランでご昼食。

高級感はなかったですが?パスタの入った
シーフードスープやお魚のフライ、イチゴ
ム-ス、どれをとっても美味しかったですね!!

ゆっくりとお召し上がり頂き、本日の最終目
的地、ロンダへ。

途中山道、峠を通り約2時間でロンダへ到着
しました。

ホテルは、闘牛場すぐ目の前のホテルマエス
トランサ。

映画、アンダルシアの撮影もあった、近代闘
牛の発祥、そして断崖絶壁の上に街が作られ
ている街でしたね。

闘牛場、ヘミングウェイ通り、パラドール横
を通り、何とかこの辺りからグラサレマ山脈
を望むお写真を収めて頂けました。

そして、新橋から絶景のお写真を撮り、橋を
渡りアンダルシアらしい白い家並みが美しい
旧市街へ足を延ばしました。

途中、タイル絵の前で皆様で集合写真を撮り
ましたね!

本当、素敵なお写真でした!

その後、各自ホテルへお戻り頂きました。

お買い物を楽しまれてらっしゃいましたね。

ご夕食は、ホテルで召し上がり頂きました。

ジブラルタルにて。絶景を独り占めのサル!
ジブラルタルにて。絶景を独り占めのサル!

ロンダにて、アスレホの前での集合写真。
ロンダにて、アスレホの前での集合写真。

────────────────────
 

5日目:3月5日/雨→晴れ→くもり/14℃

本日は、朝8時にホテルを出発。
朝からどしゃぶりでした(泣)。

山道を抜け、途中ピカソが幼少期を過ごし
た、海沿いの街マラガを横目に見ながら、
ミハス到着。

憲法広場で解散し、つかの間のフリ-タイム
をお過ごし頂きました。

ミハス周辺で採取したお花をあしらったアク
セサリーやTシャツ、オリーブ石鹸、セラ
ミック、モロッコ原産の天然の美容液アルガ
ンオイル、アーモンドの砂糖がけのお菓子ガ
ラピニャーダなどのお買い物をお楽しみにな
られたり、途中、まさかの再会を果たし!?
ピカソ美術館へ足を運ばれたお客様も・・・。

その後のアルハンブラ宮殿観光に備え、古い
壊れそうなエレベーターで下へ下り、駐車場
へ。

ミハスを出発。
グラナダまで約2時間で到着。

まずは、街中のレストランLAS TINAJASに
てご昼食。

ネギのテリーヌ、イベリコ豚のポークローイ
ン、ミルフィーユをお召し上がり頂きまし
た。

さすが何度も賞を取っているレストランだけ
あり、おいしかったですね。

その後、途中マイクロバスに乗り換え、アル
ハンブラ宮殿
の敷地内にある、元サンフラン
シスコ修道院であり、現在スペインの国営ホ
テル、パラドールナシオナルグラナダへ。

お部屋数も限られており人気がある為、なか
なか予約の取れないパラドール、イザベル女
王が亡くなった際、グラナダの街中に王室礼
拝堂ができるまで、こちらの修道院へ仮埋葬
されていました。

今回皆様ラッキー!
3部屋ともヘネラリーフェのお庭側のお部屋
でした。


ガイドのアントニオさんとお会いし、宮殿の
予約時間に合わせ、観光スタート。

グラナダの街の小高い丘に建つアルハンブラ
宮殿
、この地を支配していたイスラム教徒の
繁栄の象徴でもあり、キリスト教徒との闘い
に敗れ、追放されるまでは悲劇の舞台でもあ
りました。

高度なイスラム建築の技術が集約された宮殿
や中世イタリアのルネッサンス様式など芸術
性ある建物が調和よく混在していましたね。

バルコニーからは、白壁で統一されたアルバ
イシン、サクロモンテ地区などご覧頂きまし
た。

またガイドのアントニオさんのユ-モアのレ
ベルの高さにも驚きました!(笑)

黒い猫の名前が、まさかヤマトちゃん
とは・・・(笑)。

最後に、14世紀ナスル朝時代、夏の離宮とし
て造られたヘネラリーフェへ。

美しく剪定された糸杉、水路や噴水、所々咲
き乱れる花々に癒されました。

お天気の中、アンダルシア観光のハイライト
であるアルハンブラ宮殿の観光も終了し、ホ
テルは宮殿敷地内、と言う好立地の為、しば
しのフリ-タイム。

ご一緒に、寄木細工のお店に立ち寄りました
ね。

動物の骨を使って作られている高価なものか
ら、プラスティックで作られているリーズナ
ブルなものまで様々でした。

ご夕食はホテル地下のレストランにて。

前菜はアーティチョークのス-プ、エビとネ
ギのテリーヌ、メインは、イカ墨のリゾット
風、グラナダ名物のピオノノケーキのアイス
クリーム、フルーツ添え。

食後、ホテル館内を散策、フロントのス
タッフに、夜中、イザベル女王が出てくるか
らね~、なんて冗談を言われましたね。

アルハンブラ宮殿内ライオンの中庭、雨が降った為、床に反射する逆さハーレム。
アルハンブラ宮殿内ライオンの中庭、雨が降った為、床に反射する逆さハーレム。

ヘネラリーフェの庭園から望む、宿泊したパラドール。
ヘネラリーフェの庭園から望む、宿泊したパラドール。

────────────────────
 

↓↓後編はこちらから ↓↓
https://hankyu-tabiselection.com/?p=7271

────────────────────
 

お身体にやさしいゆとりの旅
阪急交通社「クリスタルハート」
http://www.hankyu-travel.com/crystal/tyo-i/
お客様満足度 91.2%(2017年度下半期)

今回ご紹介したコースの日程など
詳しい情報はこちらから↓↓
http://www.hankyu-travel.com/tour/search_i.php?p_course_id=LE102&p_hei=10
────────────────────
 

三大特典付き!毎日届く!
読むだけで旅行が10倍楽しくなる!
メールマガジンにご登録ください!!
 

今すぐ登録して特典を受け取る!

メールマガジンの登録はこちらから

■特典─────────────────
1:海外旅行の知恵袋!
ベテラン添乗員2名のトークショー動画
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2:ベテラン添乗員72人に聞いた!
旅の本音アンケート大公開
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3:(非売品)元イタリア駐在員が語る!
パッケージツアーの見方が変わる小冊子
────────────────────

※当レポートは現在募集中のツアーと内容が異なる場合がございます。

関連記事

旅はもっと、おもしろい。

阪急交通社クリスタルハート

ありふれたツアーでは物足りない。思い出に残る旅がしたい。東京発クリスタルハート海外旅行は、そんなお客様の声にお応えいたします。イタリアやスペインなどヨーロッパから、アジア、南米まで豊富なツアーをご用意しております。

ご満足いただけるためのお約束 ※阪急交通社サイトへ遷移します。
ツアーに関するお問い合わせ・ご相談は
03-6745-1818
― 受付時間 ―
   月曜〜金曜 9:30〜17:30
土曜・日曜・祝日 9:30〜13:30