<中国国際航空利用>天空列車とエベレスト~ラサからカトマンズを駆け抜ける3,200kmの旅13日間(後編)|ツアー添乗員レポート|クリスタルハート添乗員便り|2018年5月13日出発

<中国国際航空利用>
天空列車とエベレスト~ラサからカトマンズ
を駆け抜ける3,200kmの旅13日間
のご紹介です。
↓↓前編はこちらから ↓↓
https://hankyu-tabiselection.com/?p=8704
 
■2018年5月13日出発
■添乗員/福田 加代子(ふくだ かよこ)
■コース番号:LR599
<中国国際航空利用>
天空列車とエベレスト~ラサからカトマンズ
を駆け抜ける3,200kmの旅13日間
────────────────────
 

7日目:5月19日/晴れ/0〜15℃

シガツェを離れて更にチベットの奥地へと進
み、ネパールとの国境を目指します。

小さな町や村に泊まりながら通常のツアーで
はあまり行かないような地域へ。

そこにはヒマラヤの絶景が待っていますが、
街で一番の宿を選んでもどうしても設備は必
要最小限…ご不便をお掛けします。

国道318号線は沿岸部の都市、上海からチベッ
トの国境の町ザンムーまで続く全長5476kmの
道。

途中5000km地点で記念の碑とパチリ。

ツオーラ峠(4500m)を越え、工事中の悪路を
抜けてサキャ寺(4316m)へ。

チベット仏教サキャ派の総本山で1073年に北
寺が(1966年文化大革命時に破壊後再建)、
1268年に今回見学の南寺が創建されました。

壁は地元の鉱物の灰色。

南寺創建者のパクパ帝師は元の皇帝フビラ
イ・ハンの依頼でチベット文字を元にモンゴ
ル文字を作りました。

その後ギャツオラ峠(5200m)を越え、初めて
エベレスト展望ポイントへ。

サキャ寺(4316m)
サキャ寺(4316m)

国道318号線5000mの碑
国道318号線5000mの碑

────────────────────
 

8日目:5月20日/晴れ/0〜15℃

早起きしてジャウラ峠(5128m)で朝日鑑賞。

ヒマラヤが少しずつ色付いて行く様に感動!

その後ベースキャンプ(5200m)を目指しま
す。

ここは観光客用。

登山者用のキャンプはもう少し高い所にあ
り、登山の許可証を持った人しか入れませ
ん。

エベレスト(8848m)登山の費用は最低でも
$70,000だそう。

沢山並ぶテントの一つを拠点として写真タイ
ム。

展望台で遠くに見えたエベレストが眼前に迫
ります!!


その後テントでコーヒータイム、そしてラン
チの麺で温まり、今朝来た道を戻ります。

キャンプからすぐの川沿いでお寺のお供えと
同じ聖水を汲み、チベット仏教寺院では最高
所に位置するロンボク寺でエベレストをバッ
クにまた一枚。

帰路に再びジャウラ峠の展望台に停車。

眼下には今走って来たジグザグの坂道が山の
斜面に広がっています。

ベースキャンプからのエベレスト
ベースキャンプからのエベレスト

エベレストと神泉
エベレストと神泉

────────────────────
 

9日目:5月21日/晴れ/0〜17℃

今朝もホテル近くの丘で朝日鑑賞後、トンラ
(5126m)で写真ストップ。

この峠を越えて更に進むとかつてのネパール
との国境の町、ザンムーへと続きますがここ
でUターン。

2015年のネパールの地震以降未だに復旧が進
まず、現在もこのルートの国境は閉鎖のま
ま。

昨年末に新たに開通した別の国境を越えて
パール
に入ります。

ペクツォ湖(4400m)ではチョーオユー
(8153m)やシシャパンマ(8013m)を眺め、
今ツアー中最も海抜の高いコンタンラム峠
(5236m)を越えて、新たに開いた国境の街、
吉隆(ジーロン2600m)へ。

小さな町ですが沢山のお店があって便利!

今後国境開通に伴って発展して行くので
しょうか…

今夜は標高も下がったのでビールも解禁!

もう高山病の心配もありません。

途中体調不良に悩まされた方々もいました
が、1人の脱落者もなく無事に高地を通過でき
ました。

バンザーイ!!

朝陽に染まるエベレスト
朝陽に染まるエベレスト

ペクツォ湖よりヒマラヤを望む
ペクツォ湖よりヒマラヤを望む

────────────────────
 

10日目:5月22日/晴れ/9〜27℃

吉隆は周囲を雪山に囲まれたスイスのような
街。国境までは約1時間。

チベットではいくつもの検問所を通過してき
ました。

暴動が起きた事もあり、亡命中のダライ・ラ
マ14世を支援する勢力等の危険な動きを未然
に防ぐ為、中国政府の監視が厳しい地域で
す。

審査を終え、国境の川に架かる小さな橋を歩
いて渡るとネパール

入った途端、経済力の差を感じます。

手続きは全て手作業、道はガタガタの未舗装
路…

中国とネパールの時差は−2.15時間。

この15分という何とも中途半端な時間を採用
しているのは世界でもここだけ。

確かに地理的には15分の範囲に位置していま
すが、キリの良い数字に合わせないのは、似
て非なる国インドとの差を明確にする為と
も…

また三角の国旗もここだけ。

色々拘りがありそうな国です!

午後カトマンズ観光の予定でしたが、実際に
は国境から約160kmの道のり、悪路でスピー
ドも出せず、終日4WDでの移動、お疲れ様で
した!

スイスのような吉隆の町
スイスのような吉隆の町

カトマンズへの道
カトマンズへの道

────────────────────
 

11日目:5月23日/くもり/17〜27℃

朝一番のマウンテンフライトへ。

地上は真っ白な曇り空でしたが無事に離陸。
雲海の上にヒマラヤが並んでいました。

エベレストもバッチリ!!

朝食後カトマンズ市内観光へ。

昨年変わったばかりの生き神様クマリは3歳
の女の子。

初潮を迎えると新しいクマリが選出されま
す。

クマリを無事に拝み、地震の被害が生々しい
ダルバール広場などかつての王宮や寺院が集
まる旧市街を散策。

各国の援助で修復、再建作業が続けられてい
ます。

山上のスワンヤブナート寺院はモンキーテン
プルの別名通り、境内には猿がたくさん!


仲が悪いはずの犬達もここでは一緒に暮らし
ています。

仏塔に描かれているのは釈迦の目。

額には第3の目も描かれ私達を見据えていま
す。

午後は近郊のバグダプルへ。

旧市街最古のダッタトラヤ寺院、五重の塔を
持つニャタポラ寺院、地震の被害が目立つ
ルバール広場
を見学。

夜は民族舞踊ショーを見ながらネパール料理
のご夕食。

盛り沢山の1日でした。

クマリの館
クマリの館

ニャタポラ寺院前にて何やら撮影の様子…
ニャタポラ寺院前にて何やら撮影の様子…

────────────────────
 

12日目:5月24日/晴れ/17〜27℃

11:10発のCA438便にて約3時間、中国の成都
へ戻ります。

成都は四川省の省都。

チベットガイドの鄧さんは重慶の出身。

重慶は四川省でしたが、現在は直轄市とな
り、北京、上海、広州、深圳に次ぐ中国5番
目の都市。

元々同じ四川省だったことから成都と重慶は
今でもライバル関係なようです。

さて、四川省と言えば唐辛子を多用した激辛
料理が有名です。

そんな四川料理の代表格「麻婆豆腐」発祥の
店、「陳麻婆豆腐」では本場の料理に舌鼓。

名前はあばた(麻点)のある陳婆さんが作る
豆腐という意味で、19世紀後半、材料が乏し
い中で、労働者達にあり合わせの材料で提供
したのが最初と言われています。

また麻は中国語で花椒がもたらす「痺れる」
味覚を表す文字でもあり、花椒の「麻」と唐
辛子がもたらす「辣」の刺激…

日本でも人気の一品を始め、四川料理の数々
を汗を掻きながら堪能して頂きました。

カトマンズより成都へ
カトマンズより成都へ

四川料理の代表格 麻婆豆腐
四川料理の代表格 麻婆豆腐

────────────────────
 

13日目:5月25日/晴れ/17〜28℃

のんびりの出発で市内中心部の武侯祠へ。

武侯祠とは三国志にも登場する歴代の武将達
を祀った場所。

中国各地に武侯祠と呼ばれる場所があります
が、成都はその中でも最も有名で中国重点文
物保護単位にも指定されています。

その後武侯祠のすぐ隣の路地に広がる
錦里」で少しフリータイム。

観光客向けに整備された通りですが、昔の風
情を感じる事ができる人気のスポットで、い
つも多くの人で賑わいます。

錦里の入口に建つレストランで飲茶のご昼
食。

最後の中国料理をお楽しみ頂いて成都の空港
へと向かいます。

CA459便にて成田まで約4.5時間、20:50に無
事帰国しました。

昨年末に中国とネパールの新しい国境が開通
した事でできた新企画。

皆様のご協力のおかげで、長い移動の毎日を
無事に終える事ができました。

どうか旅のお疲れが出ていませんように…
13日間どうもありがとうございました。

武侯祠の竹林
武侯祠の竹林


────────────────────
 

↓↓前編はこちらから ↓↓
https://hankyu-tabiselection.com/?p=8704

────────────────────
 

お身体にやさしいゆとりの旅
阪急交通社「クリスタルハート」
http://www.hankyu-travel.com/crystal/tyo-i/
お客様満足度 91.2%(2017年度下半期)

今回ご紹介したコースの日程など
詳しい情報はこちらから↓↓
http://www.hankyu-travel.com/tour/search_i.php?p_course_id=LR599&p_hei=10
────────────────────
 

※当レポートは現在募集中のツアーと内容が異なる場合がございます。

関連記事

旅はもっと、おもしろい。

阪急交通社クリスタルハート

ありふれたツアーでは物足りない。思い出に残る旅がしたい。東京発クリスタルハート海外旅行は、そんなお客様の声にお応えいたします。イタリアやスペインなどヨーロッパから、アジア、南米まで豊富なツアーをご用意しております。

ご満足いただけるためのお約束 ※阪急交通社サイトへ遷移します。
ツアーに関するお問い合わせ・ご相談は
03-6745-1818
― 受付時間 ―
   月曜〜金曜 9:30〜17:30
土曜・日曜・祝日 9:30〜13:30