<全日空往復直行便>デラックスクラスホテル利用タージマハルとガンジス河をめぐるインド悠久の旅8日間(前編)|ツアー添乗員レポート|クリスタルハート添乗員便り|2018年3月13日出発

阪急交通社ゆとりの海外旅行、
クリスタルハートの添乗員のレポートが
届きましたので、ご報告します。

↓↓後編はこちらから ↓↓
https://hankyu-tabiselection.com/?p=7167
 
■2018年3月13日出発
■添乗員/金光 早苗(かねみつ さなえ)
■コース番号:LX505
<全日空往復直行便>
デラックスクラスホテル利用タージマハルと
ガンジス河をめぐるインド悠久の旅8日間
────────────────────
 

添乗員/金光 早苗
添乗員/金光 早苗

神秘と驚きの国インドの旅を楽しむ近道は、
日本との違いを楽しむところにあるように思
います。

目に映る事は決して楽しいと思える事だけで
なく、時には胸が痛くなるような場面も。

富める人だけでなく、貧しい人も更に貧しい
人に手を差し伸べるその姿には、神様と共に
生きる人々の、信仰と輪廻転生を信じる気持
ちを感じます。

素晴らしい美的感覚と技術の高さの象徴であ
るインドを代表する建築物の数々。

訪れたからこそ触れられる人々の生活や、神
様と共に生きていく姿。

貧富の差や法律で禁止されてもなお、未だ根
強く残るカースト問題。

そして、
「日本は謝罪を必要とする事など我々にはし
ていない。それ故、インドはサンフランシス
コ講和会議には参加しない、講和条約には調
印しない」
と大国を相手にその意志を貫いたインド。

旅を通して色々なインドを知り、
好きになって頂けたら嬉しいです。

────────────────────
 

1日目:3月13日/晴れ/28℃

★成田空港→デリー(ラリットニューデリー泊)

全日空0827便ビジネスクラスにてデリーに出
発。

夕方の出発なので、遠方のお客様も前泊の必
要が無いのがよいですね。

全日空の機体が青系なのは、海の神様トリト
ンにちなんでとの事。

トリトンは、嵐を鎮め船の安全を守る神様。

これを空に置き換えて、安全運航を祈る意味
があるそうです。

約10時間のフライトの後、デリーのホテルに
到着したのは25時過ぎ。

にもかかわらず、ホテルでは賑やかな音楽が
鳴り響いていました。

ガイドのゴプタさん曰く、インドの結婚式は
午後8時からなので、もしかしたらホテルで
結婚のお祝いをしていたのかもしれないです
ね。

今日はホテル到着が遅かったので、明日は
ゆっくり目のホテル出発です。

国土面積も人口も、日本の約9倍のインド

人口約13億人中1万1000人が首都デリー
住んでいます。

人の多さだけでも圧倒されそうな、神秘と
驚きの国インドの旅が始まります!


成田空港デリー行きのゲートにて
成田空港デリー行きのゲートにて

安全運航を祈る意味が込められたトリトンブルーの機体
安全運航を祈る意味が込められたトリトンブルーの機体

────────────────────
 

2日目:3月14日/晴れ/22~25℃

★デリー(プルマン連泊)

第1時世界大戦で戦死したインド人兵士の慰
霊碑として建てられたインド門などを車窓か
らご覧頂き、タージマハルの建築様式に影響
を与えた【世界遺産】フユマーン廟へ。

愛する夫フユマーン(ムガール帝国第2代皇
帝)の為に造られた霊廟のレースのような彫
刻が素晴らしかったですね。

毎年8月15日の独立記念日には首相演説が行
われる【世界遺産】赤い城レッドフォート
(ラールキラー)で写真ストップした後は、
有名店チョール・ピザールで昼食。

前回ご一緒したガイドのアショカさんが、
わざわざ会いに来てくれました!

嬉しいサプライズでした。

特別にインド独立の父とも言われるガンジー
が亡くなった場所に立ち寄ったあと、世界最
大のイスラム寺院の塔がある【世界遺産】
クトゥブ・ミナール(72.5m)へ。

夕食のタンドリーチキンは日本人好みの味付
けで、とても美味しかったですね。

フユマーン廟の天井に施されたレースのような彫刻
フユマーン廟の天井に施されたレースのような彫刻

コーランが刻まれた外壁がとても美しいミナレット(モスクに付随している塔)クトゥブ・ミナール(72.5m)
コーランが刻まれた外壁がとても美しいミナレット(モスクに付随している塔)クトゥブ・ミナール(72.5m)

────────────────────
 

3日目:3月15日/晴れ/25~32℃

★デリー→ベナレス(ラマダプラザ泊)

デリーから飛行機で約1時間でヒンドゥー教
の聖地ベナレス(バナラシ)へ。

綺麗に整えられたデリーでは驚きが足りな
かったお客様も、ベナレスで目にする事にた
だただびっくり。

神様の乗り物である牛が平然と道を塞ぎ、鳴
り響くクラクションの音を全く気にせず道路
で眠る犬たち。

美味しいカレーを頂いた後は、ムルガンダ・
クティ寺院
へ。

寺院の壁には、日本人画家 野生司香雪によ
る釈迦の生涯が。

釈迦の初転法輪が行われた場所に建てられた
ダメーク・ストゥーパでは、お経を唱える僧
侶達の姿も。

神との合一を目指す儀式でもある、ヒン
ドゥー教の日没の儀式プージャ。

鳴り響く鐘の音に歌声・・・
そして多くの参列者と街中のスリリングな
移動。


驚きの連続に、ホテルに戻った時には皆様
クタクタでした。

夕食にインド風中華を頂きました。

釈迦の初転法輪が行われた場所に建てられたダメーク・ストゥーパ
釈迦の初転法輪が行われた場所に建てられたダメーク・ストゥーパ

ヒンドゥー教の日没の儀式を、テラスからご覧頂きました。
ヒンドゥー教の日没の儀式を、テラスからご覧頂きました。

────────────────────
 

4日目:3月16日/晴れ/28℃

★ベナレス→デリー→アグラ
(クリスタル・サローヴァ・プレミア泊)

インドのベニスとも称される、ベナレス
ンジス河
。昨晩の夜の祈りの儀式とは違い、
静けさの中行われる沐浴。

ガンジス河で洗濯をする人々や、火葬場の火
が赤々と燃える様子。

そして、死を迎えた時にはガンジス河に清め
られる事を願い、神の国へ旅立つ日を待つ
人々の姿。

ヒンドゥー教では、沐浴を行う事で罪を流し、
徳を増すと信じられています。

手漕ぎボートに乗り神聖な儀式と日の出を眺
めました。

バスに戻る前に、サイクルリクシャを体験。
人と車の間をすり抜けていくあのスリル。

そしてインドのお弁当。

全てが日本では体験できない事ばかり。

アグラで大人気のタージマハルショーは、
これぞインド風ミュージカル!


深刻な場面なはずなのに、話しの途中で突然
陽気に踊りだす人々。

戸惑う私達を置いて話しは進んで行きます。

皇帝の愛妃ムムターズへの愛。
それだけはしっかり伝わりました。

ガンジス河で見た朝日
ガンジス河で見た朝日

神秘的な空気に包まれた早朝のガンジス河には、沐浴をする人や観光客の姿が
神秘的な空気に包まれた早朝のガンジス河には、沐浴をする人や観光客の姿が

────────────────────
 

↓↓後編はこちらから ↓↓
https://hankyu-tabiselection.com/?p=7167

────────────────────
 

お身体にやさしいゆとりの旅
阪急交通社「クリスタルハート」
http://www.hankyu-travel.com/crystal/tyo-i/
お客様満足度 91.2%(2017年度下半期)

今回ご紹介したコースの日程など
詳しい情報はこちらから↓↓
http://www.hankyu-travel.com/tour/search_i.php?p_course_id=LX505&p_hei=10
────────────────────
 

※当レポートは現在募集中のツアーと内容が異なる場合がございます。

関連記事

旅はもっと、おもしろい。

阪急交通社クリスタルハート

ありふれたツアーでは物足りない。思い出に残る旅がしたい。東京発クリスタルハート海外旅行は、そんなお客様の声にお応えいたします。イタリアやスペインなどヨーロッパから、アジア、南米まで豊富なツアーをご用意しております。

ご満足いただけるためのお約束 ※阪急交通社サイトへ遷移します。
ツアーに関するお問い合わせ・ご相談は
03-6745-1818
― 受付時間 ―
   月曜〜金曜 9:30〜17:30
土曜・日曜・祝日 9:30〜13:30