<ターキッシュエアラインズ利用>5つ星ナイル川クルーズ船「アマルコ2」で行く 優雅なエジプト10日間(後編)|ツアー添乗員レポート|クリスタルハート添乗員便り|2018年1月29日出発

<ターキッシュエアラインズ利用>
5つ星ナイル川クルーズ船「アマルコ2」
で行く 優雅なエジプト10日間
のご紹介です。
↓↓前編はこちらから ↓↓
https://hankyu-tabiselection.com/?p=6355
 
■2018年1月29日出発
■添乗員/高久 礼子(たかく れいこ)
■コース番号:LE304
<ターキッシュエアラインズ利用>
5つ星ナイル川クルーズ船「アマルコ2」
で行く 優雅なエジプト10日間
────────────────────
 

6日目:2月3日/晴れ

アスワンから北に約50キロ。

コムオンボ神殿が目の前に飛び込んできます。

ホルス神(はやぶさ)とソベク神(ワニ)を
祀っていて、医療道具や出産のレリーフが珍
しく、カレンダーのレリーフはここでしか見
られません。

エドフに着くと馬車に乗ってホルス神殿へ。

保存状態が大変良く、そびえ立つ塔門の素晴
らしさに目を奪われます。

びっしりのヒエログリフ。
読めたら素敵ですよね。

夜はガラベーヤパーティー。

踊ったりゲームをしたり、皆様に選んでいた
だいたガラベーヤを着て、汗だくになって盛
り上がりました。

コムオンボ神殿
コムオンボ神殿

ホルス神殿
ホルス神殿

────────────────────
 

7日目:2月4日/晴れ

ルクソールを1日で回る弾丸ツアーは、

午前:ナイル川西岸(王家の谷、ハトシェプ
スト女王葬祭殿、ネフェルタリ王妃の墓、
メムノンの巨像)。

午後:ナイル川東岸(カルナック神殿、
ルクソール神殿)と充実のスケジュール。

日記も長くなります!!
ご了承下さい。

王家の谷は岩山の谷にある岩窟墓群のこと。

新王国時代の王たちの墓が集中していること
からこの名があり、現在63の墓が発見されて
います(まだまだ増えるでしょう)この地が
選ばれた理由が王家の谷の裏にそびえる、ピ
ラミッドの形に似た山があるからだ、と言わ
れています。

古王国時代の様に財力も労働力も必要なピラ
ミッドを作る事はもはや出来ず、ピラミッド
に似た山を見立てて、その裾野に王の墓を作
ることに決めたのだとか。。。

今回はツタンカーメン、ラムセス4世、9世の
お墓を見ました。

ハトシェプスト女王葬祭殿は古代エジプト唯
一の女性ファラオが造営した葬祭殿。

後に(血のつながらない)息子トトメス3世
によって壁画や銘文が削られるなど破壊を受
けました。

残っていれば。。。
よほど嫌いだったのでしょう。

王妃の谷は、ファラオが王家の谷に埋葬され
ているのに対して、王妃や王の親族たちの墓
が80基以上発見されています。

ラムセス2世の愛妻だったネフェルタリの墓
は、修復が終わりようやく見学が可能になり
ました。

入場拝観料は破格の1000ポンド。

ですが色鮮やかなレリーフは見ごたえがあり
ました。

写真撮影が出来なかったのが残念でしたが保
存のためにはやむをえず。

午前の観光最後はメムノンの巨像。

こちらの観光は簡単で2体のアメンホテプ3世
の像。

元々は、同王の葬祭殿があり、その入口の部
分であったが後のファラオが自身の葬祭殿の
石材調達のため破壊したそう。

そんな事で車から降りて写真を撮っておしま
い。

船で昼食を取り休憩後、午後観光はルク
ソール東岸にある2つの神殿。

まずは、カルナック神殿へ。

紀元前2000年から1世紀ごろまで約2000年に
わたって約500m四方の神域に歴代の王が関与
して増改築を重ねたエジプト最大級の神殿。

昔はナイル川がすぐ近くまで流れていたそう。

ふんころがしの周りを5回,7回と願掛けをし
ながら反時計回りに回ります。

ルクソール神殿は、元々、カルナック神殿
中心を形成するアメン大神殿の付属神殿とし
て紀元前1500年頃アメンホテプ3世によって
建立された物。

二つの神殿はスフィンクスの参道で結ばれて
いました。

神殿入口はラムセス2世により建てられ、入
口にはラムセス2世の坐像、その手前にはオ
ベリスクが1本。

本来左右2本あったが、右側の1本はパリの
コンコルド広場にあります。

ローマ時代には教会として使われていた跡、
アラブ時代に神殿の上に作られてしまったモ
スクなど見ながら、入口に戻る頃には神殿の
ライトアップ。

皆様おつかれさまでした。明日は下船日。

あでやかなベリーダンスの音楽が頭の中で
鳴り響きます。

カルナック神殿の列柱
カルナック神殿の列柱

ルクソール神殿のライトアップ
ルクソール神殿のライトアップ

────────────────────
 

8日目:2月5日/晴れ

アマルコ2を下船し、飛行機でカイロにもど
ります。

空港に着いたら何の予告もなく1時間早く飛
行機出発!?

こんな所でエジプトあるある!!
を体験します。


カイロからギザまでは大渋滞の洗礼。

昼食を取り、パピルスのお店に立寄りました。

カルトゥシュとパピルスはエジプトのお土産
の定番です。ギザのホテルは格調高いメナハ
ウス。

お部屋から見たピラミッドはいかがでしたか?

メナハウスからのピラミッド
メナハウスからのピラミッド

────────────────────
 

9日目:2月6日/晴れ

エジプトを象徴するピラミッド。

造営は紀元前2500年頃とされ、被葬者は
クフ王、カフラー王、メンカウラー王。

また、王妃たちのピラミッドや衛星ピラ
ミッドなどが付属しており、いわゆるピラ
ミッドコンプレックスを形成しています。

この時期は霧が多く全く見えないことも多い
のですが、これらが並ぶビューポイントでは
ピラミッドを乗せたり、つまんだりとたくさ
んのお写真もお撮り頂きました。

スフィンクスとはキスしたり、ここまでの観
光は何と貸切。
これは素晴らしいことです。


ダハシュール、サッカラのピラミッドは
もっと古い物。

ウナス王のピラミッドに至っては2016年
からの公開です。

スフィンクスと第2ピラミッド
スフィンクスと第2ピラミッド

階段ピラミッド
階段ピラミッド

────────────────────
 

10日目:2月7日

帰国日となりました。

2011年の革命後ずっとクローズしていたアブ
ディーン宮殿
は、大統領府所有とされていて、
一部は博物館として公開されていましたが、
この度再オープン。

王族の愛用品や国交のある国々からのプレゼ
ントは興味深いく、時間が足りませんね。

信仰の象徴モハメッドアリモスクは、高台に
そびえ立つ城塞であるシタデルの中にありま
す。

大きなドームを小さなドームで支えた柱の少
ない構造はオスマントルコの影響で、エジプ
トでは珍しい形です。

テラスから見下ろすカイロの町、エジプトは
漢字で書くと埃の及ぶ国(埃及国)。

黄色い砂の空気感だったのかもしれませんね。

飛行機は定刻に飛び、予想はしていましたが
イスタンブールではせかせかと乗継、でも気
持ち早めに日本に到着しました。

モハメドアリモスク
モハメドアリモスク

────────────────────
 

↓↓前編はこちらから ↓↓
https://hankyu-tabiselection.com/?p=6355

────────────────────
 

お身体にやさしいゆとりの旅
阪急交通社「クリスタルハート」
http://www.hankyu-travel.com/crystal/tyo-i/
お客様満足度 92.8%(2016年度上半期)

今回ご紹介したコースの日程など
詳しい情報はこちらから↓↓
http://www.hankyu-travel.com/crystal/tyo-i/tour/LE304/
────────────────────
 

三大特典付き!毎日届く!
読むだけで旅行が10倍楽しくなる!
メールマガジンにご登録ください!!
 

今すぐ登録して特典を受け取る!

メールマガジンの登録はこちらから

■特典─────────────────
1:海外旅行の知恵袋!
ベテラン添乗員2名のトークショー動画
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2:ベテラン添乗員72人に聞いた!
旅の本音アンケート大公開
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3:(非売品)元イタリア駐在員が語る!
パッケージツアーの見方が変わる小冊子
────────────────────

※当レポートは現在募集中のツアーと内容が異なる場合がございます。

関連記事

旅はもっと、おもしろい。

阪急交通社クリスタルハート

ありふれたツアーでは物足りない。思い出に残る旅がしたい。東京発クリスタルハート海外旅行は、そんなお客様の声にお応えいたします。イタリアやスペインなどヨーロッパから、アジア、南米まで豊富なツアーをご用意しております。

ご満足いただけるためのお約束 ※阪急交通社サイトへ遷移します。
ツアーに関するお問い合わせ・ご相談は
03-6745-1818
― 受付時間 ―
   月曜〜金曜 9:30〜17:30
土曜・日曜・祝日 9:30〜13:30